高価買取も可能!?ギターの捨て方7選から買取ポイントのコツまで解説

趣味や宴会の出し物で使用するギター。特に、一回きりで使わなくなったり長い期間放置しておくと捨てたくなりますよね?

しかし捨てたいと思っても

「ギターの捨て方がわからない…」
「捨てるよりできれば買い取ってもらいたい!」
「ギターを高く売れるコツを知りたい!」

など、あなたはこんな悩みをお持ちではないですか?

ギターを無料で簡単に処分できたり、少しでも高い金額でギターを買い取ってもらえたりしたら嬉しいですよね。

そこで今回は、ギターの捨て方7選から買取ポイントのコツまで紹介!捨て方毎の特徴や注意点、ギター周辺の器具の捨て方まで解説します。

この記事を読めば、ギターを捨てるか買い取ってもらうかの判断に迷うことはなくなるでしょう。

目次

ギターの正しい捨て方・処分方法とは?

ギターの一般的な正しい捨て方は、自治体で粗大ゴミとして出したり不用品回収業者などに依頼するケースが多いでしょう。

ただし、捨てるには手続きを行ったり事前に予約をしたりなど、手順の確認が必要です。

実際に回収を依頼したり、ゴミとして出した後に思いもよらぬ費用がかからないように、事前準備が非常に大切になってきますよ。

また、主なギターの捨て方・処分方法は以下の通りです。

ギターの捨て方費用
自治体に依頼有料
不用品回収業者に依頼有料
不燃ゴミとして処分無料
フリマアプリに出品無料
リサイクルショップで引き取り無料
買取サービスを利用無料
知人や友人に譲渡無料

上記のように、ギターを早く処分したり他人に処分を依頼する場合は費用が発生するケースが多いですね。

反対に、できるだけ安くもしくは買取など、費用をかけずに捨てられる方法も存在するので、ギターの状態や用途に合った処分をおすすめします。

まだ使えるギターは捨てる前に買取を検討しよう

長い間使うことなく放置されているギターでも、ギターの状態や品質によっては買取に出す方法もあります。できれば、「高い金額で買い取ってもらいたい!」と思う人も多いでしょう。

そこで、ギターを買い取ってもらう方法として以下の点について解説していきます。

  • ギターを高額買取してもらうポイント
  • ギターを買い取ってくれるおすすめ業者

それぞれ詳しく紹介していきますね。

ギターを高額買取してもらうポイント

ギターの年式やブランド、メーカーによって査定価格が大幅に上がることがあります。ですが、基本的には以下の項目がポイントです。

  • ギター本体の傷や汚れの有無
  • 正常に音が出るかの確認
  • ギター付属品の有無

買取後のクリーニング範囲内かどうか、多少の汚れは大目に見てもらえます。ですが大きな傷があると査定価格に大きく響いてくるので注意しましょう。

また、正常に音が出るものが優遇されます。万が一音が出なくなってしまった場合でもジャンク品としてや部品取りとして買い取ってもらえる店舗もありますが、その場合は大幅に査定価格が下がる可能性があると思っていたほうが良いですよ。

加えて、ギター付属品があることでより査定価格も上がるため、一度買取店舗の店員に相談してみることをおすすめします。

ギターを買い取ってくれるおすすめ業者

ギター本体のチェックができても

「どこの店舗で買い取ってくれるの?」
「高額で買い取ってくれる業者はどこが良いのだろう?」

と、思っている人も多いはず。そこで、ギターを正確な査定で買い取ってくれるおすすめの業者は以下の通りです。

業者名特徴
楽器の買取屋さん破損楽器も買取対象
タカミツ楽器全国で買取対応可能
買取王子宅配買取で輸送保険あり

楽器の買取屋さん

出典元:楽器高価買取 楽器の買取屋さん|楽器買取・高額査定 (gakkikaitori.jp)

楽器の買取屋さんは破損楽器や原型を留めてない楽器でも買取対象品となっている、楽器専門買取業者です。10年以上の買取実績があることにより、沢山の人から支持を受けています。

他社で断られた楽器でも、自社修理が可能であれば買取可能であるため、どんな状態でも正確な査定をしてくれる業者です。

店舗を設けずWEB専門で対応を行っていることから様々なコストが減り、高額で買い取って理由の一つとなっていますよ。

タカミツ楽器

出典元:楽器買取のことならタカミツ楽器【全国対応】

タカミツ楽器の魅力は、全国どこでも出張買取が可能であるという点です。出張料、配送料査定手数料など全て無料であることも人気の一つとなっています。

期間によってはキャンペーン価格で査定を行っており、キャッシュバックの特典もあるため常にホームページをチェックしておくと良いですよ。

また、査定額に納得がいかなかった場合でもキャンセル費用は無料となっています。手軽にギターを査定してもらいたい人におすすめです。

買取王子

出典元:ネット買取サービス【買取王子】

買取王子は、買取成約率94.4%、年間査定点数695万点と大きく実績を残している宅配買取業者です。基本的に30万円までの輸送保険がついているため、安心してギターを運んでもらえますね。

売りたい他のギターやギター付属品などもまとめて一緒に売ることで最大60,000円の買い取り額アップというキャンペーン期間も存在します。

自宅に集荷に来てもらい、箱にギターを入れて待つだけなので手間暇かけずに依頼できる非常に便利な業者ですよ。

ギターの捨て方・処分方法7選

いよいよここからは、ギターの捨て方・処分方法について解説していきますね。

ギターの買取を断られたり、別の方法でギターを処分したい思う人も数多くいるでしょう。ギターの捨て方や処分方法は以下の7選です。

それぞれの捨て方について以下で解説していきますね。

自治体に依頼

ギターを粗大ゴミとして出すために自治体に回収依頼する方法です。

各地域で決められたルールに従って手続きを行い、指定された場所に出します。

特徴

地域により粗大ゴミの処分方法が異なる場合がありますが、基本的には

  1. 粗大ゴミ受付センターにて手続き
  2. 有料粗大ゴミ処理券を購入
  3. ギターに粗大ゴミ処理券を貼り付ける
  4. 各地域で指定された場所へギターを運ぶ
  5. 指定日に自治体が回収

という流れになります。有料粗大ゴミ処理券の費用も地域によって異なることがありますが、主に1枚200円~という値段であるため、業者に比べて費用は安いです。

また、市区町村運営であるため安心して回収依頼ができますね。これにより、相場と大きく離れた処分費用がかかるということはないでしょう。

注意点

自治体に依頼する時は自身で手続きが必要になります。各地域によって処分方法が異なる場合があるため、事前に調べて正しい手順での手続きが必要です。

有料粗大ゴミ処理券はコンビニやスーパーで購入することも可能ですが、場所によっては販売していないケースもあります。その場合は、有料ゴミ処理券取扱所標識有無の確認が必要です。

また、ギターの重量によって持ち運びが大変な場合があります。指定日以外に指定場所に運ぶことは基本的に禁止されているため、回収日を間違えないように気を付けましょう。

不用品回収業者に依頼

全国各地に存在する不用品回収業者に依頼し、自宅へ回収に来てもらう方法です。電話やメールで事前登録や見積もりを作成し、回収日が決まったら業者に来てもらいます。

予約は即日対応可能な業者もあり、24時間受付可能な業者も数多く存在します。

特徴

時間や場所を気にせず、スマホやパソコンから予約が可能です。見積金額に納得し、回収日が決定したら後は自宅で待つだけなので非常に便利且つスムーズな流れで依頼ができますよ。

見積もりのみ無料で行ってくれる業者も多く、事前に不明点や心配な点をオペレータと直接話せることで安心して相談することが可能です。

ギター単品での回収も可能ですがまとめて他の不用なものも回収可能であるため、回収当日に作業員に相談してみると良いでしょう。

注意点

不用品回収業者の中には悪徳業者も存在します。無料と謳った広告やチラシの業者に依頼するも、実際は見積金額と異なった金額を請求されるなどのぼったくり被害合ったケースも多く存在します。

以下の5つのポイントを注視しましょう。

  • 実在する業者か否か
  • サービス内容
  • 料金体系
  • 口コミや評判
  • 不用品回収に必要な免許の有無

上記の内容を確認し、安全且つ自分に合った業者を選ぶことが大切です。

また、以下の記事では違法な不用品回収業者の特徴について解説してるので、良ければ合わせて見てくださいね。

不燃ゴミとして処分

各地域で指定された曜日や日にちに不燃ゴミとして出す方法です。

地域によって回収日や回収曜日が異なるため、特に引っ越し後などは地域のゴミ出し表などをすぐにチェックすることをおすすめします。

特徴

縦・横・高さの全てを30cm以内に分解することができれば不燃ゴミの対象となります。特にアコースティックギターは木製のものが多いので、破壊器具などを使用すれば簡単に分解できるでしょう。

また、不燃ゴミは地域の殆どが可燃ゴミなどを出す場所と同じであるため、上記のサイズまで分解できれば無料で回収をしてくれますよ。

注意点

上記のサイズをオーバーしていると分解作業が必要になるため、破壊器具などに費用がかかってしまう場合も存在します。

自宅にある分解可能なものを使用し作業をすることで、費用をかけずに捨てることができるでしょう。

作業の流れを理解すれば短時間でスムーズに作業ができます。ただし、サイズオーバーをしていると回収をしてくれないので入念は確認が必要ですね。

フリマアプリに出品

WEB上やアプリで存在するフリーマーケットに出品し購入してもらう方法です。メルカリやラクマ上でギターを探している人の購入を確認し、代金の支払い確認後に購入者に発送します。

購入者は、出品物の写真や解説によって判断をしているケースが多いので、自身でアップする写真や解説が重要となってきますよ。

特徴

出品物の値段・価格設定などを自分で決めることが可能です。これにより高い設定価格で売ることができれば大きな利益になります。

購入の検討をしている人には、アプリ内のメッセージ機能で交渉をすることも可能なので、より購入意欲を上げることにも繋がるでしょう。

配送費用の負担を買い手売り手どちらにするかを決めることも可能です。

注意点

フリマアプリ内に記載する出品物の写真や解説でほとんどの購入判断をしています。

購入を検討している人にとってわかりづらい写真の記載や大雑把な解説を行っていると怪しいと思われることもあるので注意が必要です。

また、購入確定し代金支払い完了後は商品の梱包作業も必要になります。雑な梱包や発送方法を選択してしまうとトラブルの原因になるので、より丁寧な梱包を心がけましょう。

リサイクルショップで引き取り

近くのリサイクルショップに直接持ち込んだり、回収を依頼し引き取ってもらう方法です。

リサイクルショップではギターだけでなく他の様々なものも引き取ってくれるのが特徴になります。

今では出張サービスを行っているリサイクルショップも存在しており、持ち運ばなくても引き取りが可能ですよ。

特徴

商品の状態によっては買い取ってもらえる可能性があります。買取が確定した場合、その場で現金をすぐに貰えるケースがほとんどです。少しでもお金になるのは非常に嬉しいことですよね。

近所にリサイクルショップがなくても、出張サービスを利用している店舗であれば手間なく引き取り依頼が可能です。

見積もりも無料なので、安心・安全で引き取り依頼ができますね。

注意点

ギターの破損箇所が多かったり、汚れが目立つようだと引き取ってくれないこともあります。店舗に持ち込み、引き取り不可になってしまった場合は他の店舗を探さないといけません。

事前に、可能な範囲でできるだけギターの手入れをしておくと引き取り率が上がるでしょう。

また、万が一買取が確定しても大きな利益は得られないため、気軽な気持ちで持ち込むと良いですよ。

買取サービスを利用

楽器専門の買取業者に依頼する方法です。中には、ギター専門の買取業者なども存在しているため、より細かな査定をして買い取ってもらうことが可能になります。

業者の中には、全国どこでも出張買取サービスをする業者もあるので、近くに店舗がなくても依頼することが可能ですよ。

特徴

メーカーやブランドによっては高額で買い取ってもらえる可能性があります。綺麗な状態で保管してあればより査定額は上がるでしょう。

反対に、破損箇所が多く音もでない状態のギターでも、査定価格は下がりますが買い取ってくれる業者は多いです。

また、24時間受付を行っている業者も多いので、場所や時間帯に関係なく依頼予約ができるのは便利ですよ。

注意点

ギターのメーカーやブランドの価値を理解している業者かどうかを判断するとが大切です。年式などでも査定額は変わってくるため、ギターの見た目だけで査定額を決めてしまう業者も少なくありません。

メーカー、年式、素材など全てにおいて豊富な知識を持っている業者か、事前に調べた上で依頼すると良いですよ。

知人や友人に譲渡

ギターを必要としている知人や、ギターの部品を求めている友人などに譲渡する方法です。

趣味でギターを始める人も少なくないため、引き取り方法なども直接交渉することができますよ。

特徴

身内から譲り受けることにより安心感を持って引き取ってもらえます。親密な友人であればスムーズに連絡をとれるため、無料でギターを早く処分することができますね。

ギターを貰う側も譲るが側も目的は一致しているため、双方にメリットがあります。

注意点

ギターを始めたいと思う人やギターを求めている人がいなければ譲渡することができません。無理に引き取りをお願いしても、人間関係にヒビが入ってしまうこともあるでしょう。

譲渡する相手としっかり相談した上で、双方が納得する形で譲渡することが大切です。

ギター周辺器具のおすすめの捨て方

ギターの処分や買取が確定すると、一緒にギターの周辺器具も捨てたくなりますよね?その中でも特に

など、これら周辺機器は特に不用になるでしょう。上記のものも一緒に処分ができる、おすすめの方法を簡単に紹介します。

ギターアンプ

  • 不燃ゴミとして出す
  • 買取サービスを利用する

ギターアンプは小型のものから大型のものまで存在するため、縦・横・高さが30cm以内のサイズであれば不燃ゴミとしてだすことが可能です。

また、大型のギターアンプであれば接続部分や音の確認をしましょう。正常であることが確認できれば、業者で買い取ってくれるケースが多いので積極的に買取サービスを依頼しましょう。

ギターケース

  • 粗大ゴミとして出す
  • 不燃ゴミとして出す

ギターケースは殆どが大きくソフトケース、ハードケースに限らず粗大ゴミで出せばスムーズな処分ができるでしょう。

ただし、費用を抑えて不燃ゴミで出したい場合は、のこぎりなどを使用して分解してから出すことをおすすめします。

ギタースタンド

  • 不燃ゴミとして出す
  • 買取サービスを利用する

ギタースタンドの多くは30cm以内のものであるため、分解せず不燃ゴミとして出すことが可能です。

なお、楽器買取専門業者によってはギタースタンドも買い取ってくれる場合があります。ギターと一緒に買取可能か相談してみると良いですよ。

ギターの弦やシールド

  • 不燃ゴミとして出す
  • 知人や友人に譲る

エレキ、アコースティック、クラシックなどのギターの弦であれば不燃ゴミとして出すことが可能になります。

また、シールドに関しては接続部分など問題なく使用できれば、ギターやアンプ所持している知人に譲ると喜んでもらえることが多いです。

まとめてギターを捨てたい時に依頼するおすすめの不用品回収業者

どうせならギターや周辺機器をまとめて素早く処分したいと考える人も多いのではないでしょうか?種類によって分けるとなにかと手間がかかってしまうこともありますよね。

だけど、WEB上やテレビCMを見ててもたくさんの業者が存在するため、「どこの業者選んだら良いかわからない…」と迷ってしまうことも多いでしょう。

そこで、まとめて捨てたい時には下記の業者をおすすめします。

  • きれスタ
  • No Trash(ノートラッシュ)

この業者は他と違って何が優れているのかを解説していきますね。

即日対応!関東エリア最安値挑戦中!きれスタ

きれスタ
出典元:きれスタ
スクロールできます
事業者名きれスタ
運営会社YTK株式会社
会社所在地東京都豊島区池袋4-32-10 ミニービル3階
サービス内容不用品回収・引越し・遺品整理・除菌クリーニング 残置物撤去・ゴミ屋敷撤去・法人不用品
料金9500円〜
受付時間24時間対応
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
特徴とにかく料金が安く、対応も丁寧
Webサイトhttp://kiresuta.online/

依頼時間や作業時間、共に関係なく24時間承っている業者です。WEB上で予約をすることにより、約5000円の割引が適用されるという驚きの安さでサービスを提供していますよ。

対応エリアは東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城の5つであり、依頼をしてから最短20分で自宅に伺えることも人気の1つになります。

ギター1つから回収可能且つ、見積もり後の追加費用も発生しないため、安心・安全で信頼の高い業者です。

365日年中無休で対応していることから、年末年始に限らず自宅でギターを処分したいと思ったらすぐに依頼できる非常に便利な業者ですね。

粗大ゴミ・不用品回収ならプロのお任せ!No Trash(ノートラッシュ)

No Trash
出典元:No Trash
スクロールできます
事業名No Trash
運営会社YTK株式会社
所在地東京都豊島区池袋4-32-10 ミニービル3階
サービス内容不用品回収・引越し・遺品整理・除菌クリーニング
残置物撤去・ゴミ屋敷撤去・法人不用品
料金9500円〜
受付時間24時間対応
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
Webサイトhttps://no-trash.info/

顧客満足度98.7%という絶大な人気を誇るのがこのNo Trash(ノートラッシュ)です。キャンペーン期間によっては約半額になる割引プランなども用意している、優れたお客様思考の業者ですね。

料金プランも多種多様にあり、ギターと一緒にまとめて捨てたいものがあればよりお得になります。

本人立会いの有無も業者と相談できるため、忙しくてもいつでも回収してもらうことが可能です。

電話対応も手寧という口コミや評判も多数あることから、安心してギターの回収依頼ができる業者ですよ。

まとめ

ここまで、7つのギターの捨て方と買取ポイントのこつまで解説してきました。ギターを捨てたり買取サービスを依頼することは自身の用途によって選ぶことが大切です。

多少手間がかかっても、できるだけ費用をかけずに処分したい場合は

  • 不燃ゴミとして出す
  • リサイクルショップに持ち込む
  • フリマアプリに出品

といった方法をおすすめします。

反対に、引っ越しや来客のことも考えて費用がかかっても素早く処分したい場合は

  • 不用品回収業者に依頼する
  • 自治体に粗大ゴミとして出す

など方法をおすすめします。

これらだけでなく、知人や友人に譲る方法なども選択肢として考えておくことも大切となるでしょう。

また、商品の状態なども考えて効率よく買取サービスを利用すれば、思わぬ収入を得られることもあります。

本記事の内容を読んで、自身にとって一番良いギターの捨て方を選択してください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる