【徹底解説】ベビーカーの捨て方6選からメリット・デメリット・費用まで

「子供が成長して使わなくなったベビーカーを捨てたい!」
「ベビーカーは捨てる時何ゴミになるの?」
「ベビーカーの捨て方がわからない…」

とあなたは悩んでいませんか?

小さな子供とお出かけする際に活躍するベビーカーは、子育てには欠かせないアイテムです。

ですが、子供が大きくなるにつれて使用頻度も減り、そのまま家に放置されているケースは少なくありません。

しかし、ベビーカーは大きいので保管するにも場所を取りますし、処分するにも普段捨てる機会がないため家庭ゴミなのか粗大ゴミなのか判断が難しいですよね。

そこで今回はベビーカーの正しい捨て方・処分方法6選を紹介!ベビーカーは何ゴミとして分別されるのか?や捨て方ごとのメリット・デメリット・費用を徹底比較し解説していきますよ。

この記事を最後まで読めば、あなたにとって最適な捨て方が見つかるでしょう。

それではどうぞ。

目次

ベビーカーの正しい捨て方・処分方法

ベビーカーの捨て方はさまざまありますが、基本的には粗大ゴミとして捨てましょう。

可燃ゴミや不燃ゴミに出せるものは、自治体によってルールは異なりますがおおむね長さ50cm以内のものと定められているため、ベビーカーは粗大ゴミに分別されます。

どうしても通常のゴミとして不燃ゴミで捨てたい場合には、ノコギリなどを使って自分で解体する方法もありますがとても手間がかかるため、粗大ゴミとして捨てるのが主流です。

粗大ゴミとしてベビーカーを捨てるときは、自分が住んでいる自治体のルールや処分方法をホームページから確認するようにしましょう。

ベビーカーの捨て方6選比較一覧表

スクロールできます
メリットデメリット費用
自治体に回収してもらう・安心して依頼できる
・自分で持ち込めば好きなタイミングで処分できる
・自治体に手続きが必要なため手間がかかる
・多少の処分費用がかかる
300円程度
解体して不燃ゴミとして出す・無料で処分できる・時間と労力がかかる
・中にはベビーカーを不燃ゴミで処分できない地域がある
無料
知り合いや施設に譲る・費用をかけずに処分できる
・ベビーカーを必要な人に使ってもらえる
・情報を集めるのが手間無料
ベビー用品の買取業者に買い取ってもらう・買い取ってもらえれば処分費用は無料
・出張買取ができる場合がある
・買取査定だけでもお金がかかる場合がある無料
フリマアプリやネットオークションに出品する・無料で処分できる
・売却できればお金が手に入る
・発送準備に手間がかかる
・売れない場合がある
無料
不用品回収業者に依頼する・手間がかからない
・ベビーカー以外の不用品も処分できる
・状態のいいものであれば買い取ってもらえる
・上記5つの方法より費用が高額になる5,000円~(税込)

ここからはベビーカーの捨て方ごとのメリットやデメリット、さらに費用の視点から徹底比較していきます。

あなたの目的にあったベビーカーの捨て方を一緒に見つけていきましょう!

ベビーカーの捨て方6選

いよいよここからはベビーカーの捨て方6つを紹介していきます。

それぞれの捨て方ごとにメリットやデメリット・費用を徹底比較していきますので、あなたにあった捨て方を見つけていきましょう!

ベビーカーを処分するには以下の6つの方法があります。

ベビーカーの捨て方・処分方法6選

それでは参ります。

1.自治体に回収してもらう

ベビーカーの捨て方・処分方法1つ目として自治体に回収してもらう方法です。

自治体によって回収までの流れは異なりますが、大まかな流れは以下の通りになります。

上記のような流れで自治体にベビーカーを回収してもらうことができます。

自治体での回収を検討するのであれば、まずは自治体のホームページから受付センターへ連絡しましょう。

ページをまとめました。あなたのお住いの地域を下記からタップし、各地域の自治体で捨て方をご確認ください。

神奈川県(市区町村から探す)

メリット

  • 安心して依頼できる
  • 自分で持ち込めば好きなタイミングで処分できる

自治体に回収してもらうメリットは、ベビーカーを安心して処分できることでしょう。

300円程度の多少の費用はかかってしまいますが、自分で処分場に持ち込めば好きなタイミングで処分できるのも魅力の1つです。

デメリット

  • 自治体に手続きが必要なため手間がかかる
  • 多少の処分費用がかかる

自治体に回収してもらうデメリットは手続きが面倒なことです。

上記の流れの通り、粗大ゴミシールを購入したり、粗大ゴミ受付センターへの問い合わせをする必要があります。

ベビーカーの回収までに1週間以上時間がかかってしまう場合もあるため、即日で処分したい人にはおすすめできません。

費用

粗大ゴミを処分する時の手数料を支払うための郵便局やコンビニで粗大ゴミシールを購入
することを忘れないでください。

ベビーカーを自治体に回収してもらうための処理手数料は地域によって異なりますが、300円程度を見ておけば間違いないです。

2.解体して不燃ゴミとして出す

ベビーカーの捨て方・処分方法2つ目として解体して不燃ゴミに出す方法です。

ベビーカーは基本、粗大ゴミに分別されますがハサミやノコギリを使って解体すれば不燃ゴミに出すことができます。

メリット

  • 無料で処分できる

ベビーカーを解体して不燃ゴミに出して処分するメリットは無料で処分できることにあります。

なるべく費用をかけずにベビーカーを処分したい人にはおすすめの方法です。

デメリット

  • 時間と労力がかかる
  • 中にはベビーカーを不燃ゴミで処分できない地域がある

ベビーカーを解体して不燃ゴミに出して処分するデメリットは、時間と労力がかかることです。

普段からDIYを行い刃物の扱いに慣れていれば多少は楽ですが、そうでなければ新たにハサミやノコギリを用意する必要があります。

それはめんどくさいですよね。

また地域によっては解体したとしても不燃ゴミで処分できない場合があるため、自治体のホームページなどで事前の確認が必要です。

費用

ベビーカーを不燃ゴミとして出す場合は無料で処分できます。

自治体が公開しているルールを守り正しく処分しましょう。

3.知り合いや施設に譲る

ベビーカーの捨て方・処分方法3つ目として知り合いや施設に譲る方法です。

ベビーカーを使用するのは子供が小さく自分で歩けない時だけなので、「あまりお金をかけたくない」と考える人が多くいます。

これから子供が生まれる家庭や、小さいお子さんがいる知り合いに声をかけてみましょう。

もし知り合いに必要な人がいなければ、近くの保育園や子育て団体などの施設に譲るのも手段の一つですよ。

メリット

  • 費用をかけずに処分できる
  • ベビーカーを必要な人に使ってもらえる

ベビーカーを知り合いや施設に譲るメリットは、費用をかけずにベビーカーを処分できることです。

また、ベビーカーを必要な人に譲ることでその人を助けることにもなりますし、無駄になってしまう資源を再利用することで社会貢献にも繋がります。

デメリット

  • 情報を集めるのが手間

ベビーカーを知り合いや施設に譲るデメリットは、ベビーカーを必要な人は誰なのか?必要な施設はどこなのか?を探すための情報を集めるのが手間になることです。

このデメリットを解消するために、SNSを活用してベビーカーを必要な人・団体を探してみるのもいいでしょう。

費用

ベビーカーを知り合いや施設に譲る場合、処分費用はかかりません。

あなたの知り合いに声をかけるだけでなく、ご自宅の近くの保育園や施設に問い合わせをしてみましょう。

4.ベビー用品の買取業者に買い取ってもらう

ベビーカーの捨て方・処分方法4つ目としてベビー用品の買取業者に引き取ってもらう方法です。

ベビーカーの使用感が少なく、綺麗で状態がいい物であればフリマアプリ同様、売却できますよ。

買取費用は持ち運ぶ店舗によって異なりますので、まずは査定に出してみましょう。

メリット

  • 買い取ってもらえれば処分費用は無料
  • 出張買取ができる場合がある

ベビー用品の買取業者に買い取ってもらうメリットは、買い取ってもらえた場合処分費用は無料になることです。

フリマアプリ同様に処分費用がかからず、お金が手に入るのは嬉しいですよね。

店舗によっては出張買取してくれる場合があるので、まずは問い合わせてみましょう。

デメリット

  • 買取査定だけでもお金がかかる場合がある

ベビー用品の買取業者に買い取ってもらうデメリットは、買取査定だけでもお金がかかる場合があることでしょう。

製造年式が5年以上立っているベビーカーは壊れてしまう危険性があるため、買い取ってもらえない場合が多いんです。

そのためベビーカーを買い取ってもらいたい場合は、なるべく早めに持ち込むようにしましょう。

費用

ベビーカーをベビー用品の買取業者に買い取ってもらう場合、費用はかかりません。

しかし、ベビーカーの状態が悪く買い取ってもらえなかった場合は無駄足になってしまうため、事前の状態確認を怠らないようにしましょう。

5.フリマアプリやネットオークションに出品する

ベビーカーの捨て方・処分方法5つ目としてフリマアプリやネットオークションに出品する方法です。

所有しているベビーカーの状態が良ければ、フリマアプリやネトオークションに出品してみましょう。

売却できればお金も手に入りますし、処分する費用もかからないお得な方法ですよ。

メリット

  • 無料で処分できる
  • 売却できればお金が手に入る

フリマアプリやネットオークションで出品するメリットは、ベビーカーを処分するのに費用がかからないことです。

売却できた際は、お金が手に入る可能性もあるのは嬉しいですよね。

デメリット

  • 発送準備に手間がかかる
  • 売れない場合がある

フリマアプリやネットオークションで出品するデメリットは、ベビーカーが売れた際に発送準備の手間がかかることにあります。

ベビーカーはフリマで通常売買される物よりもサイズが大きいため、梱包が非常に大変です。

フリマやネットオークションに出品した場合でも、売れなければ無駄な手間になってしまうので売るための工夫が必要になります。

費用

ベビーカーをフリマアプリやネットオークションで売却する場合、処分費用はかかりません。

しかし、売却できた際の発送準備や梱包、発送料はあなたの負担になるため多少の費用がかかってしまうのには注意が必要です。

6.不用品回収業者に依頼する

ベビーカーの捨て方・処分方法6つ目として不用品回収業者に依頼する方法です。

あなたがベビーカーを処分しようと思った時

「解体するのはめんどくさい」
「余計な手続きはしたくないな…」

と悩んでしまいますよね。

不用品回収業者に依頼すれば、業者が回収から処分まで全て行ってくれるのであなたの時間や手間をかける必要はありません。

またベビーカー以外にも不要なものを処分してもらえるので、まとめて処分することで簡単に部屋を綺麗にできますね。

メリット

  • 手間がかからない
  • ベビーカー以外の不用品も処分できる
  • 状態のいいものであれば買い取ってもらえる

不用品回収業者に依頼するメリットは、とにかく手間をかけずにベビーカーを処分できることです。

また不用品回収業者によって状態のいいベビーカーであれば買取も行ってくれるので、費用を安く抑えられる場合があります。

ベビーカー以外のゴミも不用品回収業者に依頼して、一緒に処分してもらいましょう!

デメリット

  • 上記5つの方法より費用が高額になる
  • 違法な業者が存在する

不用品回収業者に依頼するデメリットは費用が高くなってしまうことです。

業者によっては免許を取得せずに営業している会社もあるので、業者選びは慎重に行いましょう。

費用

回収費用の目安は5000円~が相場になります。

不用品回収業者によっては料金設定やオプションが異なるので、事前に見積もりをしてもらうのがいいでしょう。

依頼する際は複数の業者から見積もりを取ると、少しでも回収費用が安い業者を見つけることができますよ。

ベビーカーの処分を不用品回収業者に依頼するポイント

上記の6つのベビーカーの捨て方の中からあなたにあった方法は見つかりましたか?

もしあなたが

「仕事や子育ての中で時間がない…」
「手間をかけずにベビーカーを処分したい!」

と考えているのであれば不用品回収業者へ依頼するのをおすすめします。

なぜなら、不用品回収業者は先述の通りあなたの都合に合わせて当日でもすぐに対応してくれるからです。

しかし、いざ業者を探してみると「どの不用品回収業者を選べばいいかわからない…」と悩んでいる人は多いはず。

そこであなたが優良な不用品回収業者に依頼できるように、業者を選ぶ3つのポイントを紹介します。

不用品回収業者を選ぶ際の3つのポイントは以下の通りです。

不用品回収業者を選ぶ5つのポイント

それぞれのポイントについて見ていきましょう。

事前に口コミや評判をチェック

不用品回収業者を選ぶポイント1つ目として、事前に口コミや評判をチェックしましょう。

口コミや評判には実際に利用した人たちのリアルな業者の評価が見えるため、あなたが業者を選ぶ際、一番の判断材料となります。

業者によってはホームページに作業実例と一緒に口コミが掲載されているので、口コミや評判をチェックするのにあなたの時間を奪うことはありません。

依頼してから後悔する事がないように、利用者の口コミや評判は事前に確認するようにしましょう。

業者ごとの料金プランをチェック

不用品回収業者を選ぶポイント2つ目として、業者ごとの料金プランをチェックしましょう。

業者によって料金プランやオプションは異なります。

料金が明確になっていない業者に依頼してしまうと、不当に追加料金を請求されてしまう可能性があるため、あなたが損をすることになるんです。

あなたがベビーカーを処分する時、

「処分の費用はなるべく安く抑えたい!」
「他の不用品も一緒に処分してもらえたらいいな」

という本音があるでしょう。

ですが、費用が安いという理由だけで業者を選んではいけません。

事前に料金プランを確認し、費用が明確で追加料金が発生しない業者を選ぶようにしましょう。

免許の有無の確認も忘れずに

不用品回収業者を選ぶポイント3つ目として、免許の有無の確認を忘れないようにしましょう。

不用品回収業者の中には必要な免許を取得せずに営業している悪徳な業者が存在するんです。

そういった業者は依頼主に対して高額請求や回収したゴミの不法投棄など、違法性のある行動を取ります。

もし、事前に免許の有無を確認せずに依頼してしまっては依頼主であるあなたが罪に問われる場合があるんです。

そのため「一般廃棄物収集運搬業」か「古物商許可」の免許を持っているか事前に確認し、あなたがトラブルに巻き込まれる危険性を無くしておきましょう。

不用品回収業者を選ぶ基準に関しては以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

すぐに捨てたいなら不用品回収業者がおすすめ

ここまで読まれてきたの方の中には、

「早くベビーカーを捨てたい!」
「不用品回収業者が多すぎてどこに依頼したらいいかわからない…」

など思っている方もいるでしょう。

そこでEcoRushがおすすめする不用品回収業者を紹介します。

それは以下の2社です。

  • 親切丁寧なお客様対応『きれスタ』
  • 不用品回収ならプロにお任せ!『No Trash』

それぞれの特徴や会社概要などを詳しく解説していきます。

親切・丁寧なお客様対応!『きれスタ』

きれスタ
出典元:きれスタ
スクロールできます
事業者名きれスタ
運営会社YTK株式会社
会社所在地東京都豊島区池袋4-32-10 ミニービル3階
サービス内容不用品回収・引越し・遺品整理・除菌クリーニング 残置物撤去・ゴミ屋敷撤去・法人不用品
料金9500円〜
受付時間24時間対応
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
特徴とにかく料金が安く、対応も丁寧
Webサイトhttp://kiresuta.online/

『きれスタ』は関東エリアで最安値の不用品回収業者で、処分したい物が1つだとしても丁寧に対応してくれます。

お得な軽トラパックは9,500円から利用可能、ベビーカー以外の不用品もまとめて処分できる追加料金の一切かからないお得なパックを用意しているんです。

大型の家具や家電、ワンルーム相当の不用品であればこちらのパックで格安に処分できますよ。

また、きれスタでは不用品の買取も行っています。

状態の良いベビーカーであれば高く買い取ってもらい、費用が安く抑えられるんです。

あなた1人では大変なベビーカーの搬出作業や分解など、大変なことは全てきれスタのスタッフに任せてください。

手間をかけずに安く素早くベビーカーを処分したい人は『きれスタ』に依頼すれば間違いなしです。

回収のプロがスピード対応!『No Trash』

No Trash
出典元:No Trash
スクロールできます
事業名No Trash
運営会社YTK株式会社
所在地東京都豊島区池袋4-32-10 ミニービル3階
サービス内容不用品回収・引越し・遺品整理・除菌クリーニング
残置物撤去・ゴミ屋敷撤去・法人不用品
料金9500円〜
受付時間24時間対応
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
Webサイトhttps://no-trash.info/

特徴は利用者の高い顧客満足度で24時間365日、深夜・早朝でも対応してくれる数少ない業者です。

お客様第一の料金プランで、きれスタ同様9,500円から軽トラパックを利用できます。

もしあなたが仕事や子育てで忙しく、日中や平日は都合が悪い場合でも、事前に連絡すればあなたの都合に合わせて回収してくれますよ。

電話やメールだけでなく、LINEからも問い合わせができますし、出張費や見積もりは無料で依頼できるので、まずはお気軽にご相談ください。

まとめ

今回は、ベビーカーの捨て方6選から捨て方毎のメリットやデメリット、費用まで解説させていただきました。

ベビーカーの捨て方は以下の6つです。

1.自治体に回収してもらう
2.解体して不燃ゴミとして出す
3.知り合いや施設に譲る
4.ベビー用品の買取業者に買い取ってもらう
5.フリマアプリやネットオークションに出品する
6.不用品回収業者に依頼する

上記の捨て方の中から、あなたの目的にあった最適な方法を選んで安全にベビーカーを捨てましょう。

この記事を読んで、あなたが正しくベビーカーを処分できることに少しでも役立てたら幸いです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる