靴の捨て方・処分方法7選!処分する3つの注意点やおすすめ不用品回収業者も

靴は日常生活に欠かせないものですが、新たなものを購入すると増えていきますよね。

「靴ってどう捨てるの?」
「いつか処分しようと思ってた靴がたまってるんだけど、早く捨てたい……」

この記事に訪れたあなたはこんな疑問や悩みを持っていませんか?

いつか履くかもしれないと思い、ずっと残しておいた靴。

しかし玄関が靴だらけになり古くて履かない靴は処分しようと思っても、捨てるタイミングや捨て方って意外とわからなかったりしますよね。

また、高い靴であれば自分が履かない靴は、買取などで出したりしたいはず。

そこで今回は靴の捨て方・処分方法を7つ紹介。また、いつまでも靴がたまらないよう、靴を捨てるタイミングや処分する際の注意点も解説していきます。

目次

靴の捨て方・処分方法は自治体によって異なる

靴を捨てたい人は「どのように捨ればいいの…」と悩みますよね。

実は靴の捨て方は自治体によって異なります。そのため、靴を捨てる前に確認する必要があるのです。

スパイクシューズや安全靴などの特殊なものは不燃ごみになります。靴は多くの自治体で燃えるゴミで捨てられます。

あなたがお住まいの地域のルールに従って靴を捨てるようにしましょう。

靴の捨て方・処分方法7選!

ここでは靴の捨て方や処分を紹介していきますね。靴の捨て方・処分方法はいくつかあるため、自分の条件に合ったものを選ぶようになります。

以下が靴の捨て方・処分方法7選です。

上記画像の7つの捨て方をわかりやすく解説していきますね。

1.一般ゴミで捨てる

靴の捨て方1つめは、一般ごみとして捨てる方法になります。

一般ゴミで捨てるメリットは、無料でいらない靴を回収してもらえることです。また、手続きをする不要なため、手間が省けも省けてますよ。

靴は、多くの自治体で可燃ごみの扱いになっています。いらない靴がある場合は、他の可燃ごみと一緒に捨てましょう。

一方、デメリットは自治体や靴の種類によって靴の捨て方が異なることです。さらに、各自治体の分別方法に従わなければいけません。

したがって自治体のホームページで事前に調べたり電話で問い合わせを行って確認しましょう。

2.自治体の回収ボックスに捨てる

画像 店頭回収箱
出典元:府中市

靴の捨て方2つめは、自治体の回収ボックスに捨てる方法です。

自治体の中には回収ボックスというものを設置しているところがあります。そもそも回収ボックスとは、各自治体が指定したものを住んでいる人が決められた場所に捨てられるものです。

回収ボックスのメリットは費用がかからず、利用できること。無料で靴を捨てられるのは嬉しいですよね。

一方、デメリットとして、指定の回収ボックスまで捨てにいかなければいけません。

回収ボックスの設置場所は自治体によって異なるため、事前に確認しましょう。また、回収可能な靴の種類も調べることでスムーズに処理できますよ。

3.不用品回収業者に依頼

不用品回収業者の中には直接、自宅まで靴を取りに来てくれるところがあります。そのため、大量のいらない靴がある場合は依頼すると手間が省けるでしょう。

そもそも不用品回収は各地域の専門業者に依頼します。

不用品回収業者に依頼するメリットは、時間や労力をかけずに処分できることです。また、他の不用品も回収してもらえます。この場合は業者に事前に確認しましょう。

一方、デメリットとして費用がかかることです。さらに、業者に問い合わせを行う手間がかかります。

不用品回収業者に依頼する場合は、事前に料金や対応可能な時間などを確認することをおすすめします。

4.リサイクルショップで買取依頼する

いらなくなった靴は、リサイクルショップで買取してもらえます。リサイクルショップに買取してもらうメリットは、収入を得られることです。

例えば、数回しか履いたことのない靴は傷や汚れが少なく、状態が良いと高く買い取ってもらえますよ。また、回収の費用がかかりません。

一方、デメリットとして、リサイクルショップに直接持ち込まないといけないことです。さらに、必ず買い取ってくるとは限りません。

リサイクルショップで買取を依頼したい人は、事前に問い合わせをしましょう。

いらなくなった靴の状態が良いときは、リサイクルショップで買取を依頼することも検討してみてください。

5.フリマアプリで出品する

フリマアプリで販売する方法は、自分で出品する方法です。この場合は写真や説明文を用意して、手続きを進めていきます。

出店するときは、靴の特徴や傷などの詳細を記載します。

フリマアプリのメリットは、リサイクルショップよりも高額で売れる可能性があることです。収入を増やしたい人におすすめします。

一方、デメリットとして出品作業や交渉などを行う必要があるため、手間がかかってしまいますよ。

いらない靴をフリマアプリに出品する場合、写真を撮ったり、説明文を書いたりと一連の作業をする必要があります。

また、購入希望者から質問や価格交渉のメッセージが届いたときは、自分で対応しなければいけません。自分で一連の作業を行える人は、試してみても良いでしょう。

フリマアプリは登録料や利用料などの費用がかかりません。ただし、出品したものが売れた場合は、手数料が発生します。

フリマアプリを活用する人は、自分で対応する作業が多いことを覚えておきましょう。

6.専門店での下取り依頼をする

靴の専門店では、不要になった靴を下取りするサービスがあります。この方法は直接、専門店に靴を持っていき、下取りをしてもらうのです。

例えば、専門店に不要な靴を持ち込むことで、「200円」や「500円」などの割引券と交換してくれます。また、購入する靴の値段から差し引いてくれますよ。

靴の専門店で下取りしてもらうメリットは、「割引券をもらえる」と「新しい靴を安く購入できる」の2つです。

一方、デメリットは「靴を持っていかなければいけない」と「店によって下取りの有無が変わる」の2つです。

専門店で靴を下取りして欲しい人は、直接持っていかなければいけません。いらない靴が数足ある場合は、手間がかかります。

専門店で下取りしてもらう場合に費用がかかりません。しかし、店によって下取りしてもらえないこともあるため、事前に確認する必要がありますよ。

新たな靴の購入を検討している人は、専門店で入らない靴を下取りしてもらいましょう。

7.知人・友人に譲る

いらなくなった靴の中でも履けるものは、知人や友人譲ることをおすすめします。

メリットは、「無料で処分できる」と「譲った側もお得」の2つです。

一方、デメリットは知人・友人に譲った場合、人によって好みやサイズがあわないことです。譲ってもらう側は事前に確認する必要があるでしょう。

知人・友人に譲る場合は、渡す側に現物を見てもらいましょう。また、傷や色落ちに気付いているときは詳細を伝えているとトラブルを防げます。

靴を渡す側は処分する費用や時間がかからないため、負担を減らせますよ。

靴を捨てるタイミングや基準は?

靴を捨てるタイミングや基準は人それぞれ違います。しかし、靴が増えてしまい迷っている人もいるでしょう。「靴の捨てるタイミングや基準があると助けるけど…」と考えますよね。

靴の捨てるタイミングや基準がわからない人は、以下の3つのポイントを参考にしてください。

  • 長い間履いていない
  • 修理できない
  • 傷や汚れが目立つ

大量の靴がある場合、長い間履いていないものがあります。靴を整理したいときは、履いていない靴を優先することをおすすめします。

また、修理できない靴も処分してもいいでしょう。

いらない靴を捨てる・処分したい人は上記の基準やタイミングを参考して、整理してみましょうね。

靴の捨て方・処分する方法の3つの注意点

先程紹介した靴の捨て方・処分方法は7つありますが、注意点を理解しておくことをおすすめします。注意点を理解することで、トラブルを回避できるからですね。

以下3つが注意点になります。

  • 住んでいる地域のルールに従う
  • 複数の見積りをもらう
  • 認可が下りている不用品回収業者に依頼

上記3つの注意点について簡単にわかりやすく解説しますので、参考にしてください。

住んでいる地域のルールに従う

靴を捨てたり、処分するときは住んでいる地域のルールに従うようにしましょう。これは各自治体でゴミの分別や日にちが異なるからです。

「A市は可燃ごみで火曜日」、「B市では可燃ごみで金曜日」などのように各自治体で曜日が違います。また、ごみの種類が違うこともあり得るのです。

多くの自治体では可燃ごみとして扱われますが、事前に確認することをおすすめします。

複数の見積りをもらう

不用品回収業者に依頼する場合は、複数の会社から見積りをもらいましょう。なぜなら、業者ごとに料金やサービスが異なるからです。

「A社が500円」、「B社は700円」、「C社では800円」と変わってきます。また、買取のサービスをしている業者もあるんですね。

買取サービスを利用することで、費用を抑えられるため、便利です。

複数の不用品回収業者から見積りをもらい、比較してみましょう。

認可が下りている不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に頼む場合は、自治体から認可が下りている会社を選びましょう。認可が下りている業者は信頼度が高く、安心できます。

しかし、業者の中には認可がされず、回収を行っているところがあります。その場合、高額な請求をされたり、正しい方法で処分されていなかったりとトラブルに合うことがあるのです。

不用品回収業者に依頼する人は、認可が下りている不要品業者に依頼することをおすすめします。

即日で靴を捨てたい、処分したい場合は不用品回収業者がおすすめ

靴を即日で安く処分してくれる不用品回収業者として、2つのおすすめの会社があります。2つの不用品回収業者について、解説しますね。

『きれスタ』

きれスタ
出典元:きれスタ
スクロールできます
事業者名きれスタ
運営会社YTK株式会社
会社所在地東京都豊島区池袋4-32-10 ミニービル3階
サービス内容不用品回収・引越し・遺品整理・除菌クリーニング 残置物撤去・ゴミ屋敷撤去・法人不用品
料金9500円〜
受付時間24時間対応
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
特徴とにかく料金が安く、対応も丁寧
Webサイトhttp://kiresuta.online/

『きれスタ』は、関東エリア最安値に挑戦している不用品回収業者です。この会社は24時間対応していて、早朝や深夜でも不用品を回収してもらえます。

『きれスタ』は、費用を抑えたい人や日中以外に依頼にしたい人におすすめです。さらに、出張見積りも行ってくるため、気になる人は一度問い合わせてみましょう。

こちらの『きれスタ』の公式ホームになりますので、気になる人はぜひご覧ください。

『No Trash』

No Trash
出典元:No Trash
スクロールできます
事業名No Trash
運営会社YTK株式会社
所在地東京都豊島区池袋4-32-10 ミニービル3階
サービス内容不用品回収・引越し・遺品整理・除菌クリーニング
残置物撤去・ゴミ屋敷撤去・法人不用品
料金9500円〜
受付時間24時間対応
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
Webサイトhttps://no-trash.info/

不用品回収業者『No Trash』は、関東最安値に挑戦し続けています。

『No Trash』は複数の料金プランがあるため、利用する人の状況に合ったコースが選べますよ。

特徴として「最短20分の対応」や「深夜・早朝に対応」などがあり、利用できる時間帯が決まっている人におすすめです。

こちらの『No Trash』の公式ホームになりますので、気になる人はぜひご覧ください。

まとめ

本記事では靴の捨て方・処分方法7選を解説しました。

靴の捨て方・処分方法は以下のようになります。

  • 一般ゴミで捨てる
  • 自治体の回収ボックスに捨てる
  • 不用品回収業者に依頼
  • リサイクルショップで買取依頼する
  • フリマアプリで出品する
  • 専門店での下取り依頼をする
  • 知人・友人に譲る

また、靴を処分する3つの注意点やおすすめ不用品回収業者についても、把握できたのではないでしょうか。

各自治体によって、靴の処分方法が異なるため、事前に確認することをおすすめしますよ。

各自治体によって、ゴミの扱いが変わる
靴の種類でゴミの扱いが変わるため、要注意

いらない靴の中で使えるものがあれば、買取や知人に譲る方法もありますよ。

靴を捨てたり、処分したりする場合は、自分に合った方法を選びましょう。

この記事が、靴の捨て方に迷っているあなたの参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる