ソファーベッドの捨て方5選!費用相場とお得に捨てる方法を解説!

不要になったソファーベッドをいざ捨てようとした際に

「ソファーベッドってどうやって捨てるの?」
「処分費用はどのくらいかかるんだろう…」
「できるだけ安く捨てる方法が知りたい…」

なんて悩みや疑問をあなたは持っているのではないでしょうか?

ソファーベッドは一度購入したら数年間は使用するため、捨てる機会がなかなか無く捨て方が分からず困ってしまいますよね。

そこで今回はソファーベッドの捨て方5選を紹介します。捨て方別にかかる処分費用も一覧で載せておきますよ。

また、ソファーベッドを捨てる際の注意点やおすすめの不用品回収業者についてもあわせて解説していきます。

この記事を最後まで読めば、あなたにピッタリなソファーベッドの捨て方が見つかるでしょう。

それではどうぞ。

目次

ソファーベッドの捨て方・処分方法5選

ソファーベッドの捨て方・処分方法は以下の5つです。

それぞれ詳しく見ていきますね。

不用品回収業者に依頼する

ソファーベッドの捨て方1つ目は不用品回収業者に依頼する方法です。

不用品回収業者はその名の通り、家具や家電などのさまざまな不用品をまとめて回収してくれる専門業者のこと。

ソファーベッドは大きく重いため少し移動するだけでも一苦労ですよね。でも、不用品回収業者なら解体から搬出作業まですべてお任せでOKなんです。

そのまま部屋から出そうとしても部屋の出入り口で引っかかってしまい運び出せない場合でも必要に応じて解体してくれますよ。

またプロのスタッフが搬出してくれるため、運び出す際に壁などを傷つけたりする心配もありません。

さらに即日回収に対応している業者が多いので、申し込んだ当日に回収してくれる可能性が高いのです。

「引越しのタイミングで捨てようと思っていたけどギリギリまでソファーベッドの処分していなかった…」という人でも問題なく処分できますよ。

ただ、処分費用が若干高めとなっていて関東エリアであればソファーベッド1台で3000~10000円くらいが相場となっています。

女性の一人暮らし、お年寄りの方など自分で運び出すのが難しい人や今すぐにでも捨てたいという人におすすめな捨て方ですね。

粗大ゴミとして捨てる

ソファーベッドの捨て方2つ目は粗大ゴミとして捨てる方法です。

お住まい地域の自治体に依頼して、粗大ゴミとして回収してもらいます。ソファーベッドを粗大ゴミとして捨てる手順は以下の4STEPです。

自治体によって多少捨て方が異なりますが、おおまかな流れはこの4STEPとなっています。

詳しい捨て方は「〇〇市 ソファーベッド 粗大ゴミ」と検索すると自治体が運営するWEBサイトが表示されるので、案内に沿って進めればOKですよ。

ソファーベッドを粗大ゴミとして捨てる際にかかる費用は自治体によって多少前後します。下記に各市区町村の処分費用を載せておきますので参考にしてくださいね。

スクロールできます
市区町村処分費用
新宿区2,000円
横浜市1,000円
大阪市1,000円
新潟市500円
福岡市1,000円

粗大ゴミとして捨てると比較的安く捨てられますが、搬出作業は全て自分で行わなければいけません。

ソファーベッドを一人で運び出すのはかなり大変なため、成人男性2人以上は人手が必要になるでしょう。

また粗大ゴミ回収を申し込んでから、回収してもらうまでに約2~3週間はかかることを覚えておいてください。繁忙期だと1ヶ月以上かかることも。

粗大ゴミとして捨てる方法は、搬出作業を自分たちで行えるくらい人手が足りている人や処分までの時間に余裕がある人におすすめしたい方法ですね。

買い替えタイミングで家具屋に引き取ってもらう

ソファーベッドの捨て方3つ目は買い替えタイミングで家具屋に引き取ってもらう方法です。

新しいソファーベッドを購入し、古いソファーベッドを捨てたい人にはこの方法がおすすめですよ。

大手家具メーカーのニトリでは家具引き取りサービスを提供していて、ソファーベッドも引き取ってもらえます。

ただし、ニトリでは下記のような利用条件があるため全ての人が対象となる訳ではありません。

ニトリの引き取りサービスの利用条件

お買い上げ商品と同数量もしくは同容量までの物に限定
ニトリ商品を購入した人のみ
お届け先(家具を設置したお部屋)でのみ回収可能

ニトリで家具を購入した人のみが対象で、購入した家具と同じ数量のものしか引き取ってもらえません。基本的に家具を新しく購入することはどの店舗でも前提条件となっていますね。

引取サービスはもちろん有料となっており、1注文につき3,000円(税別)で依頼できます。店舗によって4,000円(税別)のところもあるので、ご自身で確認してください。

ニトリ以外でも家具の引取サービスを行っているメーカーはありますが、それぞれ利用条件があるので申込前にチェックしましょう。

また、全ての家具店が古いソファーベッドを引き取ってくれる訳ではないので、事前に引き取り可能か聞いてくださいね。

リサイクルショップやフリマアプリで買い取ってもらう

ソファーベッドの捨て方4つ目はリサイクルショップやフリマアプリで買い取ってもらう方法です。

「まだ購入してから1~2年しか経っていない」

「けっこう高かったし捨てるのもったいないな…」

なんて人は売ることで処分する選択肢もありますよ。

リサイクルショップやフリマアプリで買い手が見つかれば、処分費用を一切かけずに売上金を貰えるため、まさに一石二鳥な方法ですね。

しかし、どちらも買い取ってもらうためのハードルは高めとおいてください。

リサイクルショップの場合は新品・未使用のみ買取可能であったりするため、なかなか買い取ってもらえないことも。

ソファーベッドは大きく移動させるのがかなり大変なため、事前にオンライン見積りや出張査定を依頼して売れるかどうかを見てもらうことをおすすめします。

フリマアプリはリサイクルショップより売れる可能性が高いと言えます。少しでも売れやすくするために鮮明な写真や商品の詳細情報をしっかり記載することが大切ですよ。

間違ってもソファーベッドの汚れを隠したり、使用年数を偽ったりしないでください。購入後にトラブルになりかねませんからね。

ソファーベッドを売る場合は、使用年数が浅いことや綺麗な状態であることが必須だと覚えておきましょう。

無料で譲渡する

ソファーベッドの捨て方5つ目は無料で譲渡する方法です。

もし、あなたの友人・知人でソファーベッドを欲しがっている人がいたら無料で譲るのも1つの手。

通常、ソファーベッドを捨てると必ず処分費用がかかりますが、無料で譲渡するのであれば費用は一切かかりません。

しかしあなたが捨てたいタイミングで欲しがっている人がいればいいですが、なかなか見つからないことがほとんどでしょう。

もらってくれる人を探す場合はSNSなどで「ソファーベッド欲しい人いますか?無料で譲ります!」のような投稿で呼びかけましょう。意外と反応があるかもしれませんよ。

また、ジモティーのような無料掲示板で引き取り手を探すのも効果的です。実際、ジモティーでは家具を探している人がたくさんいます。

多少汚れていても無料なら引き取ってくれる可能性は大いにあるでしょう。

引き取り手を探す際は、「自宅まで引き取りに来てくれる方限定」などの条件をあらかじめ提示しておくと取引がスムーズになります。

ただ、無料で譲る方法にもデメリットとして引き取り手がいつ見つかるか分からないことがあげられます。

なかなか引き取り手が見つからなければ、あなたが捨てたいタイミングで処分できません。処分までの時間に余裕がある人にはこの方法がおすすめですよ。

ソファーベッドの処分費用相場

先ほど解説した ソファーベッドの捨て方5別でどのくらい費用がかかり、どんなメリット・デメリットがあるのかを下記の表にまとめました。

スクロールできます
捨て方処分費用メリットデメリット
不用品回収業者に依頼する3000~10000円解体・搬出の手間がかからない
即日で回収してもらえる
処分費用が若干高め
粗大ゴミとして捨てる500~2000円処分費用を抑えられる自分で解体・搬出作業しなければいけない
回収までに2~3週間かかる
買い替えタイミングで家具屋に引き取ってもらう3000円前後購入と同時に回収依頼ができる
家具の搬入と搬出が同時にできる
処分費用が若干高め
利用条件が店舗によって異なる
一部の家具屋のみ対応
リサイクルショップやフリマアプリで買い取ってもらう0円処分費用がかからない
売上金をもらえる
買い取ってもらえない可能性もある
出品や発送、持ち込みの手間がかかる
無料で譲渡する0円処分費用がかからない引き取り手がいつ見つかるか分からない
引き取り手を探すのが手間

捨て方によってかかる費用やメリット・デメリットは異なります。

「いつまでに捨てなきゃいけない」と時間に迫られている人は不用品回収業者や粗大ゴミとして捨てる方法がおすすめですね。

一方、「時間はあるし手間がかかってもかまわない」という人は買取りや無料で譲渡する方法がおすすめですよ。

あなたの現状や求める条件によって捨て方を選ぶと失敗しにくくなるでしょう。

ソファーベッドを楽に捨てたいなら不用品回収業者がおすすめ

手間をかけず楽にソファーベッドを捨てたいなら不用品回収業者に依頼することをおすすめします。

前述している通り、ソファーベッドは大きく玄関先まで運ぶのにもかなりの労力が必要です。

一人暮らしの方や女性・お年寄りの方は自ら運び出すのは危険も伴いますのでおすすめしません。無理して運ぶと腰を痛めたり、壁を傷つけてしまうこともありますからね。

しかし、いざ不用品回収業者を探してもたくさんあってどれがいいか迷ってしまうという人も多いでしょう。

そこでEco Rushがおすすめする不用品回収業者を2つ紹介しておきますね。

それぞれの特徴や会社概要を載せておくので、不用品回収業者選びの参考にしてみてください。

関東エリア最安値『きれスタ』

きれスタ
出典元:きれスタ
スクロールできます
事業者名きれスタ
運営会社YTK株式会社
会社所在地東京都豊島区池袋4-32-10 ミニービル3階
サービス内容不用品回収・引越し・遺品整理・除菌クリーニング 残置物撤去・ゴミ屋敷撤去・法人不用品
料金9500円〜
受付時間24時間対応
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
特徴とにかく料金が安く、対応も丁寧
Webサイトhttp://kiresuta.online/

きれスタは関東エリアで最安値の不用品回収業者です。

家具や家電など、さまざまな不用品の回収をまとめて回収してくれます。

おすすめはお得な軽トラパックで、9500円の定額料金で軽トラックに積み放題のパックとなっていますよ。

大型の家具や家電を数点という方や、ワンルームのお部屋相当の不用品回収は9500円の軽トラパックで十分積みきれます。

ソファーベッドの他にも捨てたい家具などがあればまとめて回収してもらえるので、よりお得に利用できますね。

また定額パックには通常別途で料金が発生する作業費や出張費等が全て含まれているので、見積り後に追加で料金が発生することはなく、安心して利用できる業者でもあるのです。

きれスタは低価格だけが売りではなく、お客様第一のサポート体制がおすすめポイントでもあります。

無料見積りの返答スピードや丁寧な電話対応、日時や料金の相談など親身になって対応してくれますよ。

ソファーベッを安く処分したい人や丁寧なサポート体制を希望の人はきれスタに依頼すれば間違いなしです。

柔軟で丁寧なサポート体制『No Trash』

No Trash
出典元:No Trash
スクロールできます
事業名No Trash
運営会社YTK株式会社
所在地東京都豊島区池袋4-32-10 ミニービル3階
サービス内容不用品回収・引越し・遺品整理・除菌クリーニング
残置物撤去・ゴミ屋敷撤去・法人不用品
料金9500円〜
受付時間24時間対応
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
Webサイトhttps://no-trash.info/

No Trashは東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の関東4県に対応している不用品回収業者。

柔軟なサポート体制と良心的な料金体系が人気で、顧客満足度98.7%を誇っている業者です。

即日回収はもちろん深夜・早朝の時間帯の回収にも対応してくれるため、「日中は仕事で忙しく、どうしても都合が悪い」という人でも利用しやすくなっています。

回収日時の相談や変更を快く受け入れてくれるので、あなたの都合に合わせて日程を調整できるのも嬉しいポイントですね。

相談窓口は24時間365日受け付けていて、電話とメールだけではなくLINEからも問い合わせられますよ。

さらに出張見積りも完全無料なため、自分ではゴミの量や種類が判断できないという人でも安心して利用できるでしょう。

初めて不用品回収業者を利用する人や充実したサポートを希望の人におすすめしたい業者ですね。

ソファーベッドを捨てる際の注意点

最後に、ソファーベッドを捨てる際の注意点を解説していきますね。

意外と当てはまる人も多いと思うので、しっかりと読んで覚えておいてください。

ソファーベッドを捨てる際の注意点は

の4つです。

搬出作業は2人以上で行う

自分たちでソファーベッドを搬出する際には、必ず2人以上で行ってください。

1人用のソファーなら問題ありませんですが、ソファーベッドはサイズが横幅2m重さが50kg以上あるため1人で運ぶのは危険です。

無理して運べば怪我や事故に繋がりますし、ソファーベッドの大きさで視界が悪くなるので家の壁などを傷つけてしまう可能性がありますからね。

自分たちで搬出するのであればご家族や友人に手伝ってもらいましょう。できれば搬出に2人、壁などに当たらないかの監視役に1人の合計3人以上が望ましいです。

計画性を持って運び出そう

ソファーベッドを安易に運ぶのはやめましょう。一度動かすと元の位置に戻すのも一苦労です。

私は以前、ソファーベッドを粗大ゴミとして捨てたのですが、回収予約日の3日前に玄関先まで運び出してしまい、再び部屋まで戻した経験があります。

友人に手伝ってもらったのに申し訳ない気持ちと、肉体的な疲労でかなり後悔しました。

また、リサイクルショップに売れるだろうと査定もしていないのに持っていくのもおすすめしません。せっかく持ち込んだのに買い取ってもらえなかったら家まで持ち帰らなければいけませんからね。

ソファーベッドは何度も動かすと非常に大変なので、計画性をもって運び出すようにしてください。

自治体のルールに従って処分する

粗大ゴミとしてソファーベッドを捨てる場合には、各自治体が定めたルールに従って捨てましょう。

自治体ごとに粗大ゴミの捨て方は異なります。「前住んでいたとこはこうだったから」と確認もせずに捨てると引き取ってもらえなかったり、不法投棄とみなされることもあるのです。

不法投棄は廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反となり、5年以下の懲役若しくは 1,000万円以下の罰金又はその両方に処せられ、法人には3億円以下の罰金が科せられます。

捨てる前に自治体の捨て方を確認し、ルールに従って捨ててください。

悪質業者に注意する

不用品回収業者に依頼する捨て方をおすすめしましたが、中には悪質な違法事業者も存在するのです。

もしあなたが誤って違法業者に不用品回収を依頼してしまうと高額請求されたり、不法投棄したと判断され罪に問われてしまう可能性があります。

そのため不用品回収業者に依頼する際には悪質な業者かどうかを判断しなければいけません。

悪質な業者の特徴は

  • 無料回収をアピールしている
  • 料金設定が曖昧
  • 会社の情報が不透明
  • 免許を取得していない
  • 町を巡回している

の5つです。

町を軽トラックが巡回しながら「無料で不用品を回収します!」とアピールしているのを見かけたことがある人も多いはず。

また、ホームページを見てもハッキリと料金が記載されていなかったり、会社情報が不透明な場合も違法事業者の可能性が高いです。

あなたが後悔しないためにも、これらの特徴に当てはまる業者には依頼しないでください。

不用品回収の違法業者に関してより詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

まとめ

今回はソファーベッドの捨て方5選と処分費用について解説してきました。

おさらいすると、ソファーベッドの捨て方・処分方法は以下の5つです。

  • 不用品回収業者に依頼する
  • 粗大ゴミとして捨てる
  • 買い替えタイミングで家具屋に引き取ってもらう
  • リサイクルショップやフリマアプリで買い取ってもらう
  • 無料で譲渡する

捨て方によって処分費用が異なりますし、メリット・デメリットも変わります。

ソファーベッドを捨てる際には費用をかけるか、手間をかけるかの2択になることが多いでしょう。

他の家具とは違い、ソファーベッドはかなり大きく重たい家具なので個人的には不用品回収業者に依頼することをおすすめしますよ。

この記事を読んで、あなたがソファーベッドを捨てる際の参考に少しでもなれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる