電化製品の捨て方6選!種類や悩み別におすすめの処分方法も紹介

「電化製品ってどうやって捨てるの?」
「電化製品を安く処分する方法は?」
「電化製品を明日にでも捨てる方法は?」

と思っていませんか?

電化製品は、テレビや電子レンジなど小さいものから、エアコン、冷蔵庫、洗濯機などの大きいものがあります。

電化製品も、商品によって適した処分方法があるので、なにも考えずに処分すると損をする可能性があります。

そこで、電化製品の捨て方6つ紹介します。またお悩み別でおすすめの捨て方も解説していきますね。

あなたの自宅にある不要な電化製品が1日でも早くなくなるために、役立ちましたら幸いです。

目次

電化製品は正しいルールに従って捨てよう

電化製品は正しいルールに従って捨てましょう。なぜなら一般家庭や事務所にある家電製品はリサイクルしなければならないという法律があるからです。

自治体によっては、ドライヤーやゲーム機などの小さな家電は市役所に設置している小型家電回収ボックスに出すことが可能な場合もあります。

その際、市役所に行けない場合は、粗大ごみとして出すことも可能です。

電化製品は、住んでいる近所の自治体から、大きさによって捨て方が違うので、必ず自治体のルールに従って捨てましょう。

知っておきたい電化製品リサイクル法

一般家庭や事務所にある家電製品は、有用な部分や材料をリサイクルして、廃棄物を減量したうえ、資源の有効利用を推進している法律になります。

電化製品のリサイクルの法律は全部で3つです。

  • 家電リサイクル法
  • 小型家電リサイクル法
  • PCリサイクル法

家電リサイクル法とは、家電製品の、テレビ、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機を必ずリサイクルしましょうという法律です。

上記の家電は、自治体による回収ができない為、購入した店舗やメーカーのリサイクル回収が義務づけられています。

小型家電リサイクル法とは、家電製品の、電子レンジや携帯電話などの小型電化製品を指し、リサイクルしましょうという法律です。

しかし、小型家電リサイクル法は、家電リサイクル法とは違い、強制した法律ではありません。地域ごとの自治体によって回収するかしないかを決めているので確認しましょう。のことなんですね。

PCリサイクル法は、不要になったパソコンは、メーカーによる回収を受けるように義務づけられています。パソコンの中にある金属をリサイクルして新しいパソコンを作る際の資源にして有効活用するためです。

経済産業省から詳しく紹介されているのでよかったらチェックしてみてください。

経済産業省のホームページはこちら

電化製品の捨て方・処分方法6選!

電化製品の捨て方には、6つの以下の方法があります。

引越しや急な用事によって急いで捨てたい場合などによって捨て方を分けなければなりません。それも含め詳しく紹介していきます。

1.購入した店舗に相談して処分してもらう

電化製品の処分として、購入した店舗に引き取ってもらうという方法があります。主な、家電は、テレビ、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機があります。

前項でも紹介した、家電リサイクル法があるため、正しい処分をしなければなりません。そこで、購入した店舗で引き取りを依頼してみましょう。

購入した店舗が分からない場合は住んでいる地域の市区町村のホームページを確認してくださいね。

購入店に引き取りを依頼した場合は、後日回収業者が訪問します。その際に、「家電リサイクル券」という紙に、必要事項を記入が必要です。

リサイクル料金は、引き取る店舗によって異なります。引き取りを依頼する店舗のホームページや電話で確認しましょう。

新しく買い替えで購入する場合は、新しく購入する店舗で依頼するのもおすすめですよ。

2.メーカーに依頼して処分してもらう

買った店舗で処分する方法以外にメーカーで処分する方法もあります。

主に、上記6つの電化製品以外に、パソコン、携帯電話、プリンター、電子辞書などはメーカーに依頼するのが良いでしょう。

パソコンは、資源有効利用促進法により適切なリサイクルが求められています。パソコンをリサイクルする際は、トラブルにならない為にも、データの消去を確実におこなって下さい。

また、パソコンをリサイクルする際は、リサイクルマークがあるか確認しましょう。通常、4,000円くらいするところ無料で回収してくれます。

マークを剝がしたり、寄ろしたりした場合は、無効になる場合があるので取り扱いも注意しましょう。

3.知人・友人に譲る

あなたの知人や友人の中に安く買いたい方がいませんか?一度確認してみましょう。知人や友人に電化製品を譲る場合、買取費用などかかりません。

使用して全く使っていない電化製品などを捨てるのは躊躇しますよね。しかし、知人や友人の場合だと気軽に手放せるのではないでしょうか。

大型家電「テレビ、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機」は、一人暮らしする方には大きな費用になるはずです。お互いが得しかないので是非検討してみてください。

4.フリマアプリ・オークションで売る

知人や友人に困っている人がいない場合は、メルカリやネットオークションなどで出品しましょう。

大型家電はもちろん、パソコンや電子レンジなどの中型家電、ドライヤーや炊飯器などの小型家電まで、幅広く出品されています。

特に処分するのに急いでない方や、少しでもお金にしたい方にはオススメです。出品する場合は、出品手順などをよく確認してトラブル等起きないようにしましょう。

パソコンは、前述でも話しましたが、データのトラブル等も合わせて注意しましょう。

5.自治体に回収してもらう

電化製品を自治体に頼んで処分してもらいましょう。自治体では、処分できないものが多くあります。

一つは大型家電「テレビ、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機」などは、家電リサイクル法の法律により回収できません。

パソコンもパソコンリサイクル法によって自治体で回収することはできません。歌集化の名物は、自治体によっても変わりますが、電子レンジや、ストーブなどの家電は粗大ごみとして出すことが出ます。

自治体に粗大ごみとして出す場合は、粗大ごみ処理券というステッカーをコンビニなどで購入し貼り付けなければなりません。回収する方は、このステッカーを確認して回収します。

料金は自治体によって異なりますが、300円~2500円の間で回収してくれます。サイズによって料金が上がったり下がったりするので確認しましょう。

6.不用品回収業者に依頼する

電化製品を、引越しや急な用事で処分したい場合は不用品回収業者がオススメです。電話一本で駆けつけてくれて、見積もりをおこない当日回収してくれる業者もあります。

不用品回収業者は自治体で回収するのとは違いまとめて回収してくれます。基本的には、軽トラックから、4tトラックまで荷物を回収します。

電化製品以外にも粗大ごみなども一緒に回収してもらいましょう。

不用品回収業者に依頼する際に注意しなければならないことは、悪質な業者に引っかからないことです。

悪質な業者は一般的に、近所で大きな音声を鳴らして走っている車や、家のポストに「無料で回収します」というチラシの業者です。

記事後半では、不用品回収業者の優良業者を2つ紹介しているので是非最後まで見てくださいね。

電化製品のおすすめの捨て方・処分方法は?【種類別】

電化製品は、大きさや物によって処分方法が異なります。処分方法を間違えると損をする場合があるので確認しましょう。

テレビや電子レンジなどの小型・中型の電化製品の捨て方は?

テレビや電子レンジなどの小型・中型の電化製品は、フリマやネットオークションを利用するか、近くのリサイクルショップなどで売るのをおすすめします。

フリマやネットオークションでは、小型、中型の電化製品をよく見かけます。特に新品に近い電化製品は高値で買取してくれる場合がほとんどです。

日常生活でよく使う電子レンジや炊飯器、電気ポットなどもよく買取してくれます。

電子レンジや炊飯器などの小型電化製品は、先ほど紹介した、家電リサイクル法と違い、小型にも小型リサイクル法という法律があります。

家電リサイクル法と違い強制した法律ではありません。小型電化製品の中にある貴金属をリサイクルしましょうという努力目標です。

そのため、自治体によっては小型リサイクル法を導入している地域としていない地域があるので確認してみましょう。

自治体に小型家電リサイクル法がある場合は無料で回収してくれるので出品などが厳しいと判断した場合は利用するのをおすすめします。

エアコン、冷蔵庫、冷蔵庫などの大型の電化製品の捨て方は?

エアコンや冷蔵庫、冷蔵庫などの大型電化製品は、知人や友人に譲ったり、購入した店舗やメーカー、不用品回収業者に回収依頼するのをおすすめします。

小型家電と違い、1人で家から大型家電を出すのは正直困難です。

そのため、フリマやネットオークションだと業者に依頼しなければならない為、運賃その他考えると費用が膨らむのでおすすめしません。

しかし、知人や友人に譲る場合は新しく購入するよりも安いうえ、買取費用もかからないためお互いが損をしません。一人暮らしを始めるかたで困っている人がいないかもう一度確認しましょう。

また、新しい大型家電を購入する場合は、古い家電を下取りに出せる場合があります。下取りに出した場合は、新しい物を持ち運んだ後にそのまま回収するというケースもあるので核にしてみましょう。

電化製品のおすすめの捨て方・処分方法は?【悩み別】

電化製品のを捨てる急用度によって処分方法は変わってきます。そこで急いで処分したい方と安く処分したい方向けに詳しく紹介していきます。

即日で電化製品を捨てる・処分したい人

即日で電化製品を捨てたい場合や処分したい人は、不用品回収業者に頼みましょう。

しかし、不用品回収業者の中には悪質な業者もいるので引っかからないためのも、おすすめの優良業者を.2社紹介します

軽トラ載せ放題パックが9,800円!業界最安値の『きれスタ』

きれスタ
出典元:きれスタ
スクロールできます
事業者名きれスタ
運営会社YTK株式会社
会社所在地東京都豊島区池袋4-32-10 ミニービル3階
サービス内容不用品回収・引越し・遺品整理・除菌クリーニング 残置物撤去・ゴミ屋敷撤去・法人不用品
料金9500円〜
受付時間24時間対応
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
特徴とにかく料金が安く、対応も丁寧
Webサイトhttp://kiresuta.online/

きれスタは、関東エリア最安値に挑戦している業者で、不用品や小型の家電を含めた粗大ごみの回収を当日回収可能な業者です。

きれスタは、最短20分からお見積りを伺いに来てくれます。料金は、軽トラ載せ放題パックがWEB割が16,800円のところ9,500円で回収可能でき、業界最安値の価格になっています。

引越の際に、一度に大量の不用品を処分したい場合は、小型の家電製品を大型の家電製品までまとめて回収してもらいましょう。

また、不用品が多い場合は最大4tトラックのパックまであるので是非利用しましょう。

サポートは、電話、メール、ラインの受付が24時間可能となっているので、急ぎの場合でもすぐにとりかかってくれます。見積もりが無料のため気になったら一度問い合わせて見ましょう。

最短20分のスピード対応!顧客満足度98.7%の『No Trash』

No Trash
出典元:No Trash
スクロールできます
事業名No Trash
運営会社YTK株式会社
所在地東京都豊島区池袋4-32-10 ミニービル3階
サービス内容不用品回収・引越し・遺品整理・除菌クリーニング
残置物撤去・ゴミ屋敷撤去・法人不用品
料金9500円〜
受付時間24時間対応
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
Webサイトhttps://no-trash.info/

No Trashは最短20分のスピード対応、即日の対応が可能な不用品回収業者になります。

深夜や早朝も不用品回収してくれるため、仕事関係などで時間が取れない方などは嬉しいサービスになっています。

その他、急な引っ越しで電化製品など1人で片付けられない物を含め不用品を回収します。

不用品回収後は、除菌クリーニングサービスなど対応しているため回収後も、クリーニング業者に頼んだりしてバタバタしなくて済むので助かりますよね。

料金は、9月30日までWEB割で軽トラ載せ放題パックが、16,800円のところ9,500円とお手頃な価格です。料金パックは、2tトラック、4tトラックまで選べます。

サポートに関しては、顧客満足度98.7%と高評価をもらっており安心して頼める優良業者でしょう。

電話、メール、ラインが24時間サポート可能なので気になった方はチェックしてみてください。

できる限り安く電化製品を捨てる・処分したい人

不要になった電化製品をできる限り捨てたい方や、処分したい人は、リサイクルショップで売ることをおすすめします。

リサイクルショップで売る際は、買取から無料で回収するケースがほとんどなので、移動費のみで安く済みます。

大型家電の場合、リサイクルショップによっては回収しに来てくれるパターンがあるので一度確認しましょう。

中型、小型家電の場合は、説明書や箱があるだけで買取料金が上がる場合があるので、リサイクルショップに持っていく際は確かめましょう。

また、大型家電の場合は、知人や友人に譲ったりしたり、中型小型家電の場合は、フリマやネットオークションを活用してみましょう。

まとめ

今回の記事では、不要になった電化製品の捨て方を、処分方法を紹介してきました。

電化製品は、それぞれリサイクル法という法律があるのでリサイクルせずに捨ててはいけません。必ず、自治体や購入した店、不用品回収業者などに頼みましょう。

しかし、悪質な不用品回収業者の場合は回収後にリサイクルせずに捨てる業者もいるので、選ぶ際は慎重に選びましょう。

今回色々な処分方法を紹介してきましたが、一番良い捨て方は、知人や友人に譲る方法です。1人暮らしや、新生活のシーズンだと困っている方や、購入を検討している事があると思うので一度確認しましょう。

不要になった電化製品をできるだけ安く捨てて、損した捨て方をしないように気を付けましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる