【徹底比較】ヘッドホンの捨て方5選をメリット・デメリット・費用で解説

「壊れたヘッドホンはどう捨てればいい?」
「ヘッドホンを安く処分する方法は?」
「ヘッドホンの捨て方がわからない…」

とあなたは悩んでいませんか?

ヘッドホンは日常生活で音楽を楽しんだり、仕事に集中するためには欠かせない物。

同時に、日常で頻繁に使用する物のため壊れてしまうことも多々あり、処分方法が分からずに放置したままな人も多いはず。

ヘッドホンには商品によって適した捨て方があるので、正しく処分しなければ無駄に費用がかかってしまい、あなたが損をしてしまう可能性があります。

そこで今回は、あなたが損をしないヘッドホンの捨て方5選を紹介!捨て方毎のメリット・デメリット・費用まで解説します。

この記事を読み終えた後には、あなたに合った最適なヘッドホンの捨て方が見つかります。

それではどうぞ!

目次

ヘッドホンの正しい捨て方・処分方法

ヘッドホンの捨て方はさまざまありますが、基本的には通常のゴミと同じように不燃ゴミとして出すケースが一般的です。

ただしヘッドホンはパーツによって素材が異なるため、細かな処分のためのルールが定められており、自治体によっては可燃ゴミや粗大ゴミに区別されていることがあります。

分解する必要があるかどうかも自治体によって細かなルールが存在するので、お住まいの自治体のホームページでゴミ区分を確認するようにしましょう。

ヘッドホンの捨て方5選一覧表

スクロールできます
メリットデメリット費用
家庭ゴミとして処分・無料で処分できる
・無駄な手続きがいらない
・自分で処分を行うため手間や労力がかかる
・処分方法を調べる時間がかかる
無料
リサイクルに出す・ヘッドホンを捨てるのに無駄な手間や費用がかからない
・買取してもらえればお金が手に入る
・出張買取を依頼できる場合がある
・ヘッドホンの状態が悪ければ買取を行ってもらえない
無料
フリマアプリで売る・ヘッドホンを捨てる費用がかからない
・売却できればお金が手に入る
・発送準備に手間がかかる
・売れない場合がある
無料
販売店で回収してもらう・回収費用を安く抑えられる
・店舗に持ち込めば確実に回収してもらえる
・自分で店舗に持ち込む手間がかかる550円~ (税込)
不用品回収業者に依頼する・回収から処分まで業者が行ってくれるので手間がかからない
・自分の都合に合わせて回収してもらえる
・状態のいい物であれば買い取ってもらえる
・上記4つの方法より費用が高額になる
・業者選びが難しい
1000円~ (税込)

ここからはヘッドホンの捨て方を一つずつメリットやデメリット、費用の観点から徹底比較していきますよ。

あなたの目的にあったヘッドホンの捨て方を一緒に見つけていきましょう!

ヘッドホンの捨て方5選

いよいよここからはヘッドホンの捨て方5つを紹介していきます。

一つずつ解説していきますので、あなたに合った捨て方を見つけていきましょう!

ヘッドホンを処分するには以下の5つの方法があります。

ヘッドホンの捨て方・処分方法5選

それでは参ります。

1.家庭ゴミとして処分する

ヘッドホンの捨て方・処分方法1つ目として家庭ゴミとして処分する方法です。

壊れて不要になったヘッドホンは通常のゴミと一緒に家庭ゴミとして処分できますよ。

ただし、あなたが住んでいる地域によって燃える燃えないの区分が異なるので、お住まいの自治体のホームページでゴミ区分を確認するようにしましょう。

メリット

  • 無料で処分できる
  • 無駄な手続きがいらない

最大のメリットは、ヘッドホンを無料で処分できることです。

普段のゴミと一緒に家の前に置いておくだけなのであなたの時間を奪うこともありませんね。

あなたが処分する際の手続きや事前の準備が面倒なのであれば、お持ちのヘッドホンを家庭ゴミとして処分することをおすすめします。

デメリット

  • 自分で処分を行うため手間や労力がかかる
  • 処分方法を調べる時間がかかる

デメリットは自分で処分を行うため手間や時間がかかることです。

ヘッドホンは使用するパーツごとに素材が異なるため、処分が難しい電化製品に分類されます。

自治体によっては間違った方法で処分すると回収してもらえない場合があるので、注意しましょう。

費用

ヘッドホンを家庭ゴミとして処分する場合は無料で処分できます。

自治体が公開しているルールを守り正しく処分しましょう。

2.リサイクルショップで買い取ってもらう

ヘッドホンの捨て方・処分方法2つ目としてリサイクルに出す方法です。

捨てたいヘッドホンの状態がいい場合が、リサイクルショップに依頼してみましょう。

買取費用は持ち運ぶ店舗によって異なりますが、解体の手間や処分費用をかけずにお金をもらえるのは嬉しいですよね。

ヘッドホンのブランドによっても買取額は変動するので、まずは気軽に事前の査定を依頼してみましょう。

メリット

  • ヘッドホンを捨てるのに無駄な手間や費用がかからない
  • 買取してもらえればお金が手に入る
  • 出張買取を依頼できる場合がある

リサイクルショップに買取を依頼するメリットは、無駄な手間や費用が一切かからないことです。

処分の費用がかからないうえに、お金をもらえるため、とてもお得な方法ですよね。

出張買取を行ってくれるリサイクルショップに買取を依頼すれば、あなたがショップまで行く手間を省ける場合があるので事前に確認してみましょう。

デメリット

  • ヘッドホンの状態が悪ければ買取を行ってもらえない

リサイクルショップに買取を依頼するデメリットは、ヘッドホンの状態が悪ければ買取をしてもらえない場合があることです。

音がならない、接続できないヘッドホンは買取してもらえない場合があるので事前に確認をする必要があります。

時間に余裕があるのであれば、1度店舗に持ち込んで店員さんに査定してもらうのも一つの手段です。

費用

ヘッドホンをリサイクルショップに買い取ってもらう場合、費用はかかりません。

しかし、ヘッドホンの状態が悪く買い取ってもらえなかった場合は無駄足になってしまうため、事前の状態確認を怠らないようにしましょう。

3.フリマアプリで売る

ヘッドホンの捨て方・処分方法3つ目としてフリマアプリで売る方法です。

リサイクルショップ同様に、処分したいヘッドホンの状態が良ければフリマアプリで売ることもできます。

こちらもヘッドホンを捨てる費用をかけることなく、売却できればお金をもらえるお得な方法ですよ。

メリット

  • ヘッドホンを捨てる費用がかからない
  • 売却できればお金が手に入る

フリマアプリで売る場合のメリットは、ヘッドホンを捨てるのに費用がかからないことです。

リサイクルショップ同様に売却できた際、処分費用をかけることなくお金が手に入るのは嬉しいですよね。

デメリット

  • 発送準備に手間がかかる
  • 売れない場合がある

フリマアプリで売る場合のデメリットは、ヘッドホンが売れた際、梱包などの発送準備に手間がかかることです。

また、ヘッドホンは直接肌に身につける物であるため衛生的にも中古を買いたくないと考える人が多いため、売れ辛いということも覚えておきましょう。

費用

ヘッドホンをフリマアプリで売却する場合、処分費用はかかりません。

しかし、売却できた際の発送準備や梱包、発送料はあなたの負担になるため多少の費用がかかってしまうのには注意が必要です。

4.販売店で回収してもらう

ヘッドホンの捨て方・処分方法4つ目として販売店で回収してもらう方法です。

ケーズデンキやジョーシンなどの大型家電販売店ではヘッドホンを格安の値段で回収してもらえます。

なぜならヘッドホンは小型家電リサイクル法によって、リサイクル対象品に定められているからです。

小型家電リサイクル法の内容は以下の通りです。

小型家電リサイクル法とは、家電リサイクル法対象の4品目(テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機)を除くほぼ全ての電気機械器具を対象とし、国の認定を受けた業者(認定事業者)等が使用済小型家電を広域的に回収・処理することで、小型家電の再資源化を促進する制度です。

引用元:1 小型家電リサイクル法 ~法律の概要・関係法令~

そのため大型量販店などの認定事業者は使用済み小型家電を格安で回収してくれますよ。

メリット

  • 回収費用を安く抑えられる
  • 店舗に持ち込めば確実に回収してもらえる

ヘッドホンを販売店で回収してもらうメリットは、回収費用を安く抑えられることにあります。

また買取の場合とは異なり、ヘッドホンの状態が悪くても店舗に持ち込めば確実に回収を行ってくれるので手間が無駄になることはありません。

デメリット

  • 自分で店舗に持ち込む手間がかかる

ヘッドホンを販売店で回収してもらうデメリットは、店舗へ持ち込む手間がかかることです。

店舗によって出張サービスを行っている場合もありますが、別途料金がかかってしまう場合があります。

ヘッドホンを買い換えるタイミングで販売店に回収を依頼するのも手段の一つでしょう。

費用

ヘッドホンの回収サービスを行っている代表的な販売店と費用は以下の通りです。

スクロールできます
企業名費用
ケーズデンキ550円(税込)
ジョーシン550円(税込)
エディオン550円(税込)

法律によってヘッドホンの回収が義務付けられているため、店舗による費用の差はありません。

一律550円という格安の値段で回収してもらえるのはありがたいですよね。

5.不用品回収業者に依頼する

ヘッドホンの捨て方・処分方法5つ目として不用品回収業者に依頼する方法です。

あなたがヘッドホンを捨てられずにいる最大の理由は、捨て方が分からず「処分するのがめんどくさい…」と思っているからでしょう。

業者に依頼すれば処分方法を調べることなく、回収から処分まで業者が全て行ってくれるので安心して処分できます。

またヘッドホンの他にも回収してもらいたい物があれば、一緒に回収してもらえるのも嬉しいですよね。

メリット

  • 回収から処分まで業者が行ってくれるので手間がかからない
  • 自分の都合に合わせて回収してもらえる
  • 状態のいい物であれば買い取ってもらえる

不用品回収業者に依頼することのメリットは、あなたのタイミングで手間をかけずにヘッドホンを処分できることです。

また不用品回収業者によってはヘッドホンの状態が良ければ買取を行ってくれるので、費用を安く抑えられる場合があります。

ヘッドホンの回収以外にも、不要になった家具や家電も処分してもらえれば一石二鳥ですね。

デメリット

  • 上記4つの方法より費用が高額になる
  • 業者選びが難しい

不用品回収業者に依頼するデメリットは費用が高くなってしまうことです。

業者によってサービス内容も異なるため、事前に確認することを怠れば高額な請求をされてしまう場合があるので注意しましょう。

費用

回収費用の目安は5000円~が相場になります。

ただし不用品回収業者によって料金設定が異なるので、事前に見積もりをしてもらうのがいいでしょう。

依頼をする際は複数の業者から見積もりを取ると、少しでも回収費用が安い業者を見つけることができますよ。

ヘッドホンの処分を不用品回収業者に依頼する時の3つのポイント

上記で紹介してきた5つのヘッドホンの捨て方の中で、あなたに合った捨て方を見つけることはできましたか?

「ヘッドホンを捨てるのに時間や手間をかけたくない…」
「今日中にでもヘッドホンを処分したい!」

とあなたが考えているのであれば不用品回収業者に依頼することを検討しているでしょう。

ですが先述の通り、不用品回収業者の中には免許を取得せずに営業したり、作業後に見積もり以上の高額な請求をしてくる違法業者も存在します。

そういった業者だと知らずに依頼してしまった場合でも、罪に問われるのはあなたなのです。

それだけはなんとしてでも避けたいですよね。

そこであなたが安全な不用品回収業者に依頼できるように、業者を選ぶ3つのポイントを紹介します。

これらのポイントを押さえておけば、トラブルに巻き込まれることなく優良業者に依頼できますよ。

不用品回収業者を選ぶ際の3つのポイントは以下の通りです。

不用品回収業者を選ぶ3つのポイント

それぞれのポイントについて以下で詳しく解説していきます。

1.免許の有無

不用品回収業者を選ぶポイント1つ目として、免許の有無です。知らなかったとはいえ、違法業者に依頼をしてしまった場合依頼主が罪に問われてしまう可能性があるからです。

不用品回収業者は回収業を行うには自治体や警察からの許可が必要なんです。

ゴミの不法投棄や高額請求をする違法業者を取り締まるために、回収業を行う業者には以下の3つの免許の取得が義務付けられています。

  • 一般廃棄物収集運搬業の許可(一般家庭からゴミを回収する場合に必要)
  • 産業廃棄物収集運搬業の許可(法人からゴミを回収したい場合に必要)
  • 古物商の許可(回収した不用品の販売、リサイクル品の買取の場合に必要)

上記の免許を1つでも取得していない業者は、全て違法業者に当たります。

あなたがトラブルに巻き込まれないためにも、上記3つの免許を取得しているか事前に確認してくださいね。

不用品回収業を行なううえで必要な資格はこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

2.口コミや評判

不用品回収業者を選ぶポイント2つ目として、口コミや評判を確認しましょう。

口コミには業者のホームページには記載されていない、実際に利用した人たちのリアルな声が反映されているので、業者選びの際に最も信頼できる材料になるからです。。

あなたが業者を選ぶ時、ホームページの情報だけで自分の目的に合った業者を探すのは難しいですし、依頼してから「こんな業者頼むんじゃなかった…」と後悔はしたくないですよね。

そんな時のために、口コミや評判を確認しましょう。

今の時代、業者名を検索すれば口コミや評判が簡単に見れるので、あなたの時間を奪うことみありません。

ただ、口コミには事実無根の内容が書いてることもあるので1つだけで判断するのではなく、複数見て判断するようにしましょう。

3.料金プラン

不用品回収業者を選ぶポイント3つ目として、料金プランです。

料金プランを事前に確認せずに依頼してしまうと、最悪の場合追加料金で見積もり以上の金額を払わされる場合があるため確認しましょう。

あなたがヘッドホンを処分する時、「処分費用はなるべく抑えたい!」というのが本音でしょう。

ですが、費用が安いという理由だけで業者を選ぶのはおすすめしません。

なぜなら業者によって料金プランやオプションの内容は全く異なるからです。

そのため事前に料金プランを確認し、追加料金が発生しない業者を選ぶようにしましょう。

不用品回収業者を選ぶ基準に関しては以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

即日処分したいなら不用品回収業者がおすすめ

ここまで読んだあなたは「業者に依頼したいけど、どの業者を選べばいいかわからない…」と悩んでいるでしょう。

そんなあなたに安全で優良な業者に依頼したいあなたには以下の2社をおすすめします。

  • お値段以上の親切対応!『きれスタ』
  • 最短20分で駆けつけます!『No Trash』

不用品回収業者へ依頼するのであれば、まずは上記2社へ気軽に問い合わせてみてください。

お値段以上の親切対応!『きれスタ』

きれスタ
出典元:きれスタ
スクロールできます
事業者名きれスタ
運営会社YTK株式会社
会社所在地東京都豊島区池袋4-32-10 ミニービル3階
サービス内容不用品回収・引越し・遺品整理・除菌クリーニング 残置物撤去・ゴミ屋敷撤去・法人不用品
料金9500円〜
受付時間24時間対応
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
特徴とにかく料金が安く、対応も丁寧
Webサイトhttp://kiresuta.online/

年中無休で深夜・早朝も対応可能、あなたが忙しい場合でも都合を合わせてくれるので、隙間時間で不用品を処分できます。

最大の特徴は値段以上の親切丁寧なお客様対応ですね。

あなたがはじめて不用品回収業者を利用する時、

「どんなスタッフが来るんだろう?」
「対応が雑で印象の悪い人が来たら嫌だな」

と不安になりますよね。

通常の業者では外注したアルバイトが回収に来るため、接客態度が悪くあなたに嫌な思いをさせてしまうかもしれません。

きれスタでは自社で教育されたスタッフが回収に来てくれるので、業社をはじめて利用するあなたでも安心して依頼することができます。

お得な軽トラパックは9,500円から利用可能、ヘッドホン以外のさまざまな不用品をまとめて捨てることができるので、これを機に心機一転断捨離をしてしまいましょう。

不用品の買取サービスも行っているので、状態のいいヘッドホンであれば買い取ってくれる可能性もありますよ。

見積もりや出張費は無料なのでまずは以下のサイトから気軽にお問い合わせしてみてください。

また『きれスタ』に関しての詳細は、以下の記事でも解説していますので参考ししてみてください。

最短20分で駆けつけます!『No Trash』

No Trash
出典元:No Trash
スクロールできます
事業名No Trash
運営会社YTK株式会社
所在地東京都豊島区池袋4-32-10 ミニービル3階
サービス内容不用品回収・引越し・遺品整理・除菌クリーニング
残置物撤去・ゴミ屋敷撤去・法人不用品
料金9500円〜
受付時間24時間対応
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
Webサイトhttps://no-trash.info/

No Trashは対応までのスピードがとにかく早いことが特徴です。

あなたがヘッドホンなどの不用品を処分したい時、できれば時間と費用をかけたくないのが本音でしょう。

ですが、先程紹介した自治体で処分するには1週間以上時間がかかってしまう場合がありますし、リサイクルショップなどに売却する場合には自分で持ち出さなければいけません。

No Trashは予約さえ空いていれば、深夜・早朝でも最短20分で回収に駆けつけてくれますよ。

きれスタと同様に積み放題のお得なパックが利用できますし、不用品の買取も行っているので、まずはお気軽にお問い合わせしてみてください。

まとめ

今回は、ヘッドホンの捨て方5選から捨て方毎のメリットやデメリット、費用まで解説させていただきました。

ヘッドホンの捨て方は以下の5つです。

1.家庭ゴミとして処分する
2.リサイクルに依頼する
3.フリマアプリで売る
4.販売店で回収してもらう
5.不用品回収業者に依頼する

上記の捨て方の中から、あなたの目的にあった最適な方法を選んで安全にヘッドホンを捨てましょう。

この記事を読んで、あなたが正しくヘッドホンを処分できることに少しでも役立てたら幸いです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる