ディスプレイの捨て方6選!よくある質問から捨てる際の注意点まで

「ディスプレイはどうやって捨てるの?」
「早急にディスプレイを捨てる方法は?」
「ディスプレイを捨てる際の注意点は?」

など、あなたはディスプレイの処分で悩んでいませんか?

ディスプレイはいざ捨てようとすると、どうやって捨てたら良いのかわからず悩んでしまいますよね。

自治体では捨てられないことが多い分類で、適切な方法で処分しなければならず法律で捨て方が定められているのがディスプレイなんですよ。

そこで今回は、正しいディスプレイの処分方法6選を紹介!ディスプレイを捨てる際の注意点からよくある質問まで解説します。

この記事を読めば、あなたの希望の処分方法でディスプレイを捨てることができますよ。

この記事を読めば、あなたの希望の処分方法でディスプレイを捨てることができますよ。

それでは参ります。

目次

ディスプレイを捨てる際の注意点

まず、ディスプレイとテレビはリサイクルや処分方法が違います。同じ液晶のもだと勘違いをしてしまうので注意が必要です。

ディスプレイはパソコンの一部、テレビは家電製品の一部として区分されていて、基となる法律も違うんですよ。

  • 液晶ディスプレイ=資源の有効な利用の促進に関する法律(PCリサイクル法)
  • 液晶テレビ=特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)

この違いを頭に入れて、ディスプレイを処分する際の注意点を見ていきましょう。

注意点はこの3つです。順にくわしく解説していきますね。

ディスプレイはゴミとして出せない

ディスプレイは自治体のゴミでは出せません。

なぜなら、PCリサイクル法の対象となっているため、「資源として利用できる素材があるからリサイクルしましょう」ということになっています。

この法律があるため、作っているメーカーにも回収して再利用することが義務化されているので、メーカーに回収してもらうようにしましょう。

破損していると回収してもらえない場合もあるため、割れやすい液晶部分はきちんと保護して段ボールに梱包すると良いですよ。

事業用ディスプレイは産業廃棄物扱い

事業用ディスプレイは産業廃棄物扱いなんです。なぜなら、PCリサイクル法の対象外に指定されているからで、処分は専門の業者に依頼する必要があります。

専門の業者は、産業廃棄物収集運搬許可の免許を持っている業者でないと、場合によっては違反となるので注意しましょう。

例えば、一般家庭用と判断して処分したり、免許を持っていない業者に廃棄を依頼してしまうと罰金刑を課せられる場合があります。

専門の業者を探す時には必ず免許の有無を業者のホームページで確認するか問い合わせをした時に聞いてみると良いでしょう。

PCリサイクル法に従って処分する

では、ディスプレイをPCリサイクル法に従って廃棄するにはどうすればよいかを見ていきましょう。手順を簡単に4つのステップでまとめていますので参考にしてください。

  • STEP1:メーカーのリサイクル窓口に問い合わせる
  • STEP2:回収を依頼すると、メーカーから配送伝票が送られてくる
  • STEP3:メーカーの指示通りに梱包する
  • STEP4:メーカーに発送する

以上のステップを踏めばメーカーに回収してもらえます。PCリサイクルマークが付いている製品は、すでにリサイクル料を購入時に支払っているため費用はかかりません。

ディスプレイの捨て方・処分方法6選

いよいよここからは、ディスプレイの捨て方をくわしく解説していきますね。前述までの注意点を踏まえて正しい方法で処分しましょう。

捨て方は6つご紹介しますので、あなたの希望する処分方法が見つかりますよ。

廃棄処分するというよりは、PCリサイクル法に従って資源回収としてどこを利用するかという内容になります。順にくわしく解説していきますね。

自治体を利用する

自治体での回収は一度あなたの住んでいる地域の自治体で回収してくれるのかを調べる必要があります。

なぜなら、まだ全国の自治体の一部の地域でしか小型家電リサイクル法に従った資源回収を行っていないからです。

基本的に自治体では製造メーカーに回収を依頼するというのが一般的ですよ。

したがって、まずはあなたの住んでいる地域の自治体で小型家電の資源回収を行っているか調べてみてください。

小型家電の対象品目にディスプレイが入っているなら、役場や商業施設に設置してある小型家電専用回収BOXを利用すれば無料で処分することができますよ。

小型家電回収BOXを設置せず、回収拠点として施設が登録されている場合もありますので、自治体に問い合わせして確認しましょう。

製造メーカーを利用する

製造メーカーに回収を依頼することもできます。

もし、あなたが処分したいディスプレイにPCリサイクルマークが貼ってある場合は、購入時にリサイクル料を支払済みとなっており、無料で回収してくれますよ。

PCリサイクルマークが貼ってない場合だと有料です。

種類料金(税抜)
液晶ディスプレイ3000円
ブラウン管4000円

上記の通りリサイクル料がかかります。製造メーカーに回収を依頼する手順は以下の通りです。

  • STEP1:製造メーカーのホームページか電話で申し込む
  • STEP2:回収資源化料金(リサイクル料)を支払う
  • STEP3:エコゆうパック伝票が届く
  • STEP4:処分したいディスプレイを指示通りに梱包し伝票を添付する
  • STEP5:郵便局にて発送する

以上の5つのステップを踏むことで回収をスムーズに行うことができますよ。

パソコン3R推進協会を利用する

製造メーカーがわからなかったり、すでに存在していないメーカーのディスプレイを処分したい場合は、パソコン3R推進協会を利用すれば有料で回収してくれます。

料金は以下の通りです。

種類料金(税抜)
液晶ディスプレイ4000円
CRTディスプレイ5000円
液晶ディスプレイ一体型パソコン4000円
CRTディスプレイ一体型パソコン5000円

どれも1台の料金になります。上記の料金を郵便振込で支払います。

詳しくは申し込みの後、用紙が送られてくるのでよく読んでからお金を支払いましょう。
申し込みは3R推進委員会のホームページか郵送、FAXで行うことができます。

家電量販店での買取を利用する

もし、ディスプレイを買い換えたいと考えているなら、家電量販店での買取サービスを利用することをおすすめします。

なぜなら、買い換える際に今まで使っていたディスプレイをいつもより高く買い取ってくれる可能性があるからです。

下取りサービスやキャンペーン、セールを利用すると、買い替えと同時に不要なディスプレイを処分することができますよ。

販売店によっては下取りキャンペーンを行っていて、いつもより購入するディスプレイを値引きしてくれる場合もあるので、買い替えを検討しているならぜひ利用しましょう。

中古パソコン店やオークションを活用する

処分したいディスプレイが問題なく動作している状態で、破損個所や不具合が特にないのであれば、中古パソコン店で買取ってもらうかオークションで販売するのも処分する方法の一つです。

なぜなら、製造メーカーや3R推進委員会で処分する場合では有料回収になってしまいお金を支払って回収してもらわなければなりません。

処分したいディスプレイの状態が良いなら、費用を支払うことなく例え少額でも買い取ってもらえる方がお得ですよね。

中古パソコン店での買取は査定してもらうことが必要になります。査定は無料でやってくれるので、一度査定してもらうのも良い方法と言えるでしょう。

不用品回収業者を利用する

不用品回収業者を利用するのも処分方法の一つです。業者によっては買取も対応してくれるところもあります。

査定を受けて買取不可の場合は廃棄処分となりますが、そのまま業者を利用できるため中古パソコン店に持っていく手間を考えると、とても便利ですよね。

他にも不用品がある場合も一緒に処分することができますし、処分時に梱包する必要もありません。特に作業する必要なく全て業者に任せられますよ。

ただ、その分費用もかかるのでお得な安い業者を利用することをおすすめします。

ディスプレイを捨てる上でよくある質問

いざディスプレイを処分するとなると、製造メーカーのことやディスプレイの仕様も様々で疑問に思うこともあるでしょう。

そんな疑問点を踏まえ、実際に質問があったケースを例にあげてまとめています。

以上質問が多かった3つを例にあげて回答を見ていきましょう。

液晶が割れてしまったディスプレイは捨てられる?

ディスプレイは破損していても廃棄処分ではなく基本的にリサイクル法に基づいた処分方法をしなければなりません。

製造メーカーか3R推進委員会にまず問い合わせしてみましょう。

比較的新しいディスプレイなら、オークションにジャンク品として破損個所を明確に説明した上で出品すれば、部品取り目的で買い手がつくこともあります。

液晶ディスプレイ(チューナー無し)を廃棄処分出来る?

液晶ディスプレイはPCリサイクル法に従って回収処分という形が一般的です。

リサイクルマークが貼られていたら製造メーカーが無料で回収してくれますし、一部の自治体では回収してくれるところもあります。

古いブラウン管ディスプレイは捨てられる?

ブラウン管ディスプレイもPCリサイクル法に従って処分する必要があり、有料での製造メーカーへの回収が一般的です。

お金をかけたくないのなら、中古パソコン店に持っていけば値段は付かずとも無料で引き取ってくれるかもしれません。

ディスプレイを早急に処分したいなら不用品回収業者がおすすめ

製造メーカーや3R推進委員会に「回収」してもらおうとすると手続きから発送まで時間がかかってしまいますよね。

ここまで読まれてきた方の中には、

「早急に処分してしまいたい!」
「早く捨てしまわなければならない事情がある…」
「手続きがめんどうだ…」

など、思っている方もいるでしょう。

あまり時間に余裕がない時や少し手間がかかるというのが「回収」してもらう際のデメリットになりますよね。

そこで早急に処分したいなら、梱包の手間もかける必要がない不用品回収業者に依頼すると良いですよ。

ここでは、安心・安全で最安値に挑戦している不用品回収業者をご紹介します。

  • サービス充実で最安値に挑戦!『きれスタ』
  • スピード対応24時間受付安心満足!『No Trash』

この2社は、どちらも場合によって即日対応可能でしかも最安値に挑戦している不用品回収業者です。順に解説していきますね。

サービス充実で最安値に挑戦!『きれスタ』

きれスタ
出典元:きれスタ
スクロールできます
事業者名きれスタ
運営会社YTK株式会社
会社所在地東京都豊島区池袋4-32-10 ミニービル3階
サービス内容不用品回収・引越し・遺品整理・除菌クリーニング 残置物撤去・ゴミ屋敷撤去・法人不用品
料金9500円〜
受付時間24時間対応
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
特徴とにかく料金が安く、対応も丁寧
Webサイトhttp://kiresuta.online/

きれスタは、業界トップクラスの最安値を売りにしている業者です。

しかも、最安値に挑戦しつつもサービスは他の業者と比べても引けを取らないくらい充実した内容となっています。

利用する我々にとっては嬉しい24時間受付で対応してくれるのでおすすめの業者ですよ。

スピード対応24時間受付安心満足!『No Trash』

No Trash
出典元:No Trash
スクロールできます
事業名No Trash
運営会社YTK株式会社
所在地東京都豊島区池袋4-32-10 ミニービル3階
サービス内容不用品回収・引越し・遺品整理・除菌クリーニング
残置物撤去・ゴミ屋敷撤去・法人不用品
料金9500円〜
受付時間24時間対応
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
Webサイトhttps://no-trash.info/

No Trashが掲げるのはその顧客満足度です。実に98.7%を誇る満足度で、その数字の通りお客さへの気配りもサービス内容にも自信を持っている業者です。

きれスタにも引けをとらず安い価格設定をしていて、同じく24時間受付対応とLINEでのやり取りもできるため、気軽に相談できるところがおすすめの業者です。

まとめ

今回の記事では、ディスプレイの処分方法について、処分する際の注意点を踏まえ処分方法を6つ紹介しています。

  • 自治体を利用する
  • 製造メーカーを利用する
  • パソコン3R推進協会を利用する
  • 家電量販店での買取を利用する
  • 中古パソコン店やオークションを利用する
  • 不用品回収業者を利用する

ディスプレイはPCリサイクル法に従って処分しなければいけません。

場合によっては買い取ってもらえるケースもあるため、あなたが処分したいディスプレイの状態次第でお得に処分することもできます。

処分を急いでいる方で、あまり費用をかけたくない方向けに安心・安全で最安値を掲げている2社も紹介しているので、あなたの満足のいく回収方法が見つかるでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる